赤いシミは皮膚ガン予備軍?! 肝斑は消せないの?!

680%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%81%8c%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

皮膚ガンといえば黒いイメージです。

ところが、赤いシミに見える「ガン一歩手前」のシミのようなもの、があります。

そして、なかなか消えないシミの肝斑。

今回は、この厄介な二つのシミの違いや原因、そして、対策を見ていきましょう。

赤いシミ=皮膚ガン?

680%e9%a1%94%e3%82%92%e9%9a%a0%e3%81%99%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%ae%e5%a5%b3%e6%80%a7

赤いシミは日光角化症と呼ばれる状態です。

赤いシミは皮膚ガンではありませんが、皮膚ガンになる可能性があります。

顔にある赤いシミは、将来ガン化する時限爆弾かもしれません。

思い当る点がないか、チェックしてみましょう。

日光角化症チェック

  1. 赤いシミがカサカサしている、または、かさぶたのような感触
  2. 日光に当たって数か月経過しても、肌が赤いままの状態
  3. 冬なのに肌が赤くなる

痛みなどの自覚症状があることは稀で、気づきにくいのも特徴です。

赤いシミの原因と正体は?

 

680%e5%9b%b0%e3%81%a3%e3%81%9f%e9%a1%94%e3%81%ae%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

皮膚ガン予備軍の赤いシミの原因は、ズバリ紫外線です。

紫外線には波長の長さでUV-A、UV-B、UV-Bと分けられています。

UV-AとUV-Bが主に肌にダメージを与えますが、肌の深部までダメージを与えるのはUV-Aです。

UV-Aが危険なのは、肌にダメージを与えると同時に活性酸素を発生させ、体の細胞の修復機能まで破壊してしまうことにあります。

破壊されてガン化した細胞は、体の修復機能によって大量の免疫細胞が送られ、血管が太くなります。

肌の表皮は約0.2ミリと薄いため、それが赤いシミに見えるのです。

この段階ではまだ赤いシミは日光角化症であり「ガン未満」に留まっています。

赤いシミは、肌に鎮静化したガン細胞が休眠している状態です。

ですから、いつ皮膚ガンになってもおかしくはありません。

日光角化症は60代以上の方に多いといわれています。

紫外線を浴びてきた期間等が原因として挙げられます。

ですが、屋外の仕事や肌が弱い等、人によって環境や体質が違うため、どんな人でも赤いシミ発生の危険はあります。

もし赤いシミが日光角化症だったら…?

680%e9%a0%ad%e3%82%92%e6%8a%b1%e3%81%88%e3%81%a6%e5%8f%ab%e3%81%b6%e5%a5%b3%e6%80%a7

もし自分の赤いシミがあり、日光角化症の疑いがあれば皮膚科へ受診しましょう。

治療法

塗り薬

イミキモドという成分が配合されたクリームで治療します。

塗ると治療経過中、赤みが広がりただれたようになりますが、薬がちゃんと効いているとこのような状態になります。

液体窒素療法

患部を液体窒素で凍らせて切除します。

治療にはかなり痛みがあり、患部を切除するのに複数回の治療が必要です。

赤いシミはなかったけど…

680%e6%a3%ae%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%a7%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

赤いシミがなくて一安心した方も、肝斑はどうしたらいいの?と思うかもしれません。

肝斑だった場合は、家で根絶するのは難しくなります。

簡単!肝斑チェック

  1. 30~40代にシミが目立ち始めた
  2. 頬骨に沿って左右対称、またはにじんだようなシミがある
  3. 妊娠経験がある、またはピルを長期的に服用している
  4. 美白ケアで効果がない
  5. 洗顔、顔のマッサージはしっかり行う
  6. レーザー治療で効果がない、または悪化した
  7. 強いストレスを抱えている

チェック項目に当てはまると肝斑の可能性があります。

これらの項目を見ても肝斑が、普通のシミと違うと感じられたのではないでしょうか?

肝斑の原因とは?

680%e5%9b%b0%e3%81%a3%e3%81%9f%e9%a1%94%e3%81%ae%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

肝斑の原因は詳しく分かっていませんが、女性ホルモンの一種「黄体ホルモン」が関係していると考えられています。

黄体ホルモンは、シミの原因となるメラニンに作用します。

ホルモンバランスや生活が変化する年代や、妊娠・出産、ピルの服用などは女性ホルモンのバランスが通常と異なるため、肝斑ができやすくなります。

肝斑ができる原因がホルモンにあるため、通常のケアでは改善せず、またレーザー治療でも改善できない、もしくは悪化する場合がほとんどです。

また、ストレスも女性ホルモンに作用するため、肝斑ができやすくなります。

では、肝斑は一度できてしまうと消せないのでしょうか?

肝斑治療はどこに行くべき?皮膚科では保険が適用?!

680%e5%a5%b3%e6%80%a7%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab

肝斑は、女性ホルモンによって引き起こされると考えられるため、専門機関を受診するのがおすすめです。

皮膚科では肝斑に保険が適用される場合もあるので、一度は受診されることをおすすめします。

治療法は主に内服薬です。

その際に処方されるのが「トラネキサム酸」です。

効果を安定させ高めるために、ビタミンCなども処方されることがあります。

トラネキサム酸はサプリメントでも購入可能ですが、本来トラネキサム酸は止血、炎症を抑えるための薬です。

そのため副作用や飲み合わせなども、注意した方が良いでしょう。

赤いシミと肝斑。原因は違えど対策・予防は共通

680%e3%81%a4%e3%81%b0%e3%81%ae%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%84%e5%b8%bd%e5%ad%90%e3%82%92%e3%81%8b%e3%81%b6%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%a5%b3%e6%80%a7

ガン予備軍の赤いシミと肝斑ですが、普段から配慮すべきことは「紫外線」「摩擦」と共通しています。

紫外線対策

赤いシミも肝斑も紫外線によって、肌のダメージが大きくなりますし、肝斑はメラニンが刺激されシミが濃くなります。

どちらの症状にも紫外線を浴びると状態が悪化していきます。

日焼け止めクリームを塗る

やはり基本は日焼け止めクリームです。

紫外線で特に有害なのがUV-Aでしたね。

紫外線は冬に減少し、UV-Bは夏と比較すると約5分の1まで減少しますが、UV-Aは2分の1ほどしか減少しません。

ですから、日焼け止めは季節関係なく必要です。

日焼け止めクリームに表記してあるSPFとPAの値を確かめて、目的別に使い分けましょう。

 

SPF:UV-Bブロックの指数で、数値が高いほど日焼けしにくくなります。

値の目安は日焼け止めクリームを塗らない時の20分と比較した場合です。

表記にSPF 30とあれば20分×30 = 600分で10時間は日焼けをしにくくなる、ということです。

 

PA:UV-Aのブロック指数です。

PAは数字ではなく「PA++++」と記載してありますね。

+が多いほどUV-Aへのブロック効果が高くなります。

 

近所へお出かけ程度ならPA+~++」で大丈夫です。

屋外のイベント等なら「PA+++~+++++」が良いでしょう。

こまめに塗り直すと効果も長時間継続されます。

身に着けるものをUVカット品にする

衣類や帽子などもUVカット製品を利用するのも良い方法です。

目から紫外線が入るとメラニンが刺激されるので、UVカットサングラスやメガネもおすすめです。

雪国にお住まいの方は、紫外線の照り返しに注意しましょう。

雪からは80%と高い数値で紫外線が照り返されます。

周囲すべて油断禁物です。

摩擦

肌への摩擦の影響は、思っている以上に大きいのです。

肌を強く擦ると肌が炎症を起きます。

炎症が起きると、炎症部分を修復するために活性酸素が発生しダメージを受けます。

また、メラニンも働くためシミができやすくなります。

洗顔

洗顔は毎日のことですから、ここはポイントです。

泡立てネットなどでツノが立つぐらいまで石けんを泡立て、指を使わないぐらいの気持ちで洗いましょう。

すすぎもぬるま湯で優しく、泡を落としましょう。そして顔を拭くときも優しくポンポンと拭きましょう。

マッサージ

クリームやオイルを必ず使用して行いましょう。

目の周りなどは特にデリケートな部分に注意して行いましょう。

日常生活にある摩擦

お化粧やクリーム等を塗る時なども注意です。

気がついたら止める、を繰り返して改善していきましょう。

まとめ

危険な赤いシミや肝斑は早期発見、早期対応が一番の予防策です。

また、健康な生活を送る普段の心がけも大切です。

笑顔で生活できるよう、毎日の積み重ねを大切にしましょう。

関連記事