【要注意】足の甲がむくむ原因は?腫れと違ってむくみは病気の可能性も!

足の甲がむくむ時、腫れなのか、むくみなのか迷いますね。

痛みや熱っぽかったら腫れ、指で押して元に戻りにくかったら、むくみです。

腫れているなら、何かの炎症が原因ですから、手当てが必要です。

むくみは、大きな病気が原因であることが多いので、要注意です。

今回は、そんな足の甲の腫れや、むくむ原因について、詳しくお伝えします。

 

女性特有のむくみを和漢のチカラでスッキリ!

むくみ改善サプリ「やくぜん」は和漢植物の力でむくみを解消するサプリメントです。

気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください!

やくぜん 公式サイト >

 

足の甲がむくむ原因

顔やふくらはぎだけでなく、足の甲もよくむくみます。

冷えや立ち仕事、ストレスなどで足の甲が腫れたようにむくみ、靴も入りにくくなって、辛いものです。

ほとんどは、一晩ゆっくり休めば治るのですが、足の甲のむくみが常態化しているのなら、更年期障害や腎臓機能の低下が原因の心配があり、内科や婦人科での検査が急がれます。

足の甲がむくむ場合は問診が重要なので、「時期」「頻度」「範囲」等をメモして持参しましょう。

 

夕方に足の甲がむくむ原因

仕事による長時間の同一姿勢や、下半身の冷え、運動不足などによって起こります。

体には常に重力が作用しているので、下半身の足に血液やリンパ液などが滞りやすいのです。

足の筋肉が疲労すると、これらを循環させる力が弱くなり、皮下に水分をため込んでしまい、足の甲がむくむ原因になります。

 

足の甲がむくむのは、腎臓の機能低下のサイン

足の甲がむくむ原因に、大きな影響力を持つのが腎臓です。

腎臓病は、かなり進行しないと自覚症状がみられず、気付いたときには重症化していることが少なくない病気です。

それでも、小さなサインを出していることがあり、その1つが体の各所に現れるむくみです。

慢性的に足の甲がむくむ場合は、要注意です。

 

足の甲がむくむ時の解消法

 

足つぼマッサージ

足の裏のツボを押すことで、足の血行を良くし、足の甲のむくみを改善することが出来ます。

ゴルフボールなどの、固いものを踏む方法も、手軽にできるのでおすすめです。

靴の中に、マッサージ効果のあるインソールを入れておくと、足裏が刺激されて足の疲れが軽減しますし、足の甲がむくむ症状も和らぎます。

 

足を高いところに上げる

足は、心臓よりも低い所にあるので、重力の影響で足の末端部分に血液やリンパ液、老廃物などが溜まりやすいのです。

心臓よりも高い位置に足を上げると、足の血行が促進されて、足の甲のむくむ原因が取り除かれ楽になります。

同時に、足首を回すなどの運動を行うと、更に効果が上がります。

 

バンピング

ふくらはぎは、第二の心臓と言われるほど、ポンプの機能を担っている筋肉です

足を振ったり、足首を動かしたりすると、ふくらはぎの筋肉活動が活発になり、足の甲がむくむ原因となっていた、滞った血液を心臓まで正常に戻してくれます。

 

足の甲がむくむのを防ぐ生活習慣

 

ウォーキング

ウォーキングなどの軽い有酸素運動を続けると、足の血行やリンパの流れが良くなり代謝も促され、足の甲がむくむ原因を作りにくくします。

程よく汗をかく位の、30分程のウォーキングを意識して行いましょう。

この時に、締め付けの強い靴を履いていると、足の甲がむくむことに繋がります。

締め付けの強くない靴を履くことは、足を守る上でとても重要です。

 

腎臓機能を高める

腎臓に負担をかけない、生活習慣を作りましょう。

腎臓の疲れは、足の甲がむくむ原因になります。

常に足の甲がむくむのは、腎臓病を発症する直前の段階であることもあるのです。

 

アルコールやタバコに注意

一日のアルコールの許容範囲の目安は、日本酒なら1合、ビール大瓶1本、ワイン2杯です。

タバコは、血管を狭めるなどの弊害が多く、足の甲がむくむ原因を作ります。

できれば、禁煙が望ましいです。

 

糖分、塩分を減らす

気づかないうちに、調味料として多く取り過ぎてしまう塩分や糖分も、足の甲がむくむ原因を作ります。

塩分の一日の目安は4gですから、できるだけ自炊をして、腎臓に負担をかけないようにしましょう。

 

腎臓の機能を助ける食材を取る

  • シジミ:腎臓障害の改善や腎機能アップに良いと言われています。
  • ほうれん草スイカハトムギ:カリウムが多く含まれているので利尿作用があり、体内の余分な水分を排出してくれます。糖分の多い缶コーヒーやジュースを、100%の野菜ジュースやハトムギ茶に置き換えるのもおすすめです。
  • 昆布ひじき:体内の尿酸を排出してくれる海藻類は、腎臓機能を助けて、足の甲がむくむ原因を遠ざけてくれます。

 

足の甲がむくむ事と腫れの違い

足の甲の腫れと足の甲のむくみは、間違えやすい症状です。

腫れとむくみでは、処置の仕方は大きく異なりますから、違いを把握しておきましょう。

足の甲の腫れには、骨折などの外的な原因と、痛風などの病気の内的な原因があります。

 

足の甲の腫れの外的原因

疲労骨折

捻挫のような大きな衝撃ではなく、小さな負担が何度も継続して蓄積し、発症します。

 

リスフラン関節捻挫

足のアーチの頂点にあたる、リスフラン関節が損傷を起こし、歩行や運動時に痛みが出ることが特徴です。

 

腱鞘炎

長時間歩いたり負荷のかかる運動をしたりして、足の甲の腱鞘が傷ついて腱鞘炎になります。

 

足の甲の腫れの内的原因

痛風

「風が吹いても激痛を感じる」と言われる痛風は、血液中に尿酸濃度が高くなった場合にかかりやすい病気です。

尿酸が結晶化して、痛みが起こります。

足の先から痛みを感じるのが初期症状で、放置しておくと靴が履けなくなるほど足の甲が腫れ上がります。

痛風は、身体全体に症状が出て来るので、早めに病院で治療を受けましょう。

 

足の甲が腫れた時の対処法

 

安静にする

腱鞘炎でも疲労骨折でも、足を使いすぎないことが一番の治療法です。

患部を刺激しないように、安静にしましょう。

 

患部を冷やす

炎症であれば、シップや熱取りシートなどで冷やせば、症状が緩和されます。

冷やしすぎは血行の不良を引き起こすので、10分~15分ほどを目安にしましょう。

足の甲のむくみが原因であれば、冷やすのは厳禁です。

 

靴は合っていますか?

足の形に合わない靴を履いていても、足の甲に負担がかかり、腫れたり足の甲がむくむ原因になります。

靴が合っていない場合は、買い換えましょう。

靴紐を固く結ぶことも、足の甲を圧迫する原因になります。

 

まとめ

足の甲のむくみは、体の注意信号!

毎日酷使している足は、腫れたりむくんだりしてSOSを出しています。

長く良好に付き合うためにも、足のマッサージや適度な休息を取りましょう。

「その日の疲れはその日に取る」と言われるように、足の甲がむくむ原因を取り除く習慣を、日頃から持ちたいですね。

 

女性特有のむくみを和漢のチカラでスッキリ!

むくみ改善サプリ「やくぜん」は和漢植物の力でむくみにアプローチするサプリメントです。

気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください!

やくぜん 公式サイト >

 

関連記事