キトサンは髪にも効果があった!キトサンの髪への効果を徹底調査!

あなたも、キトサン髪への効果が気になっていませんか?

キトサンは腸内フローラを整えたり、ダイエットにも効果があったりと話題になっていますね。

最近では、予防や癌治療の副作用軽減する効果にも、注目されています。

今回は、そんなキトサン髪への効果について、深く掘り下げてお伝えします。

 

腸内フローラについては、こちらで詳しく説明しています。

 

キトサンは、天然のコーティング剤

シリコンよりも、コーティング効果に優れているキトサン

体の中の解毒・高血圧の予防・免疫力の向上・コレステロールの減少・脂肪の排出と、キトサンの健康効果は医薬品に近いほどです。

中でも髪に対しての相性は特に優れていて、キューティクルに吸着して髪を保護する、天然のコート剤なのです。

キトサンのコーティング剤は少しお値段が高めになりますが、実際の効果と共に信頼され、広く使われています。

 

キトサンの髪への効果を数値で検証

キトサン髪への効果は、シリコンやノンシリコンと比べても断トツです。

キトサンの液をシャンプーやリンスに5%混ぜた結果、髪の強度が「パーマをした髪は12%、脱色をした髪は25%アップしたという報告があります。

キトサンのサプリメントを飲んで、髪に弾力が出て硬くなったという声も。

数値で見ると、キトサンの髪への効果がよく分かりますね。

 

キトサンでキューティクル効果

傷んで剥がれてしまったキューティクルは、残念ですがもう元には戻りません

髪を守るキューティクルが剥がれたままだと、乾燥紫外線などの外からの刺激を受けて、髪の内部も壊されていきます。

キトサンを使い続けることで「疑似キューティクル」という被膜が形成され、髪を保護してくれます。

壊れてしまったキューティクル代わりに、弾力のある薄い膜を作って髪を保護してくれるのが、キトサン効果なんです。

 

シリコンとノンシリコンを超える効果のキトサン

ヘアケア剤で、シリコンノンシリコンの長所と短所は、どちらを選んでいいのかという悩みの種として、良く取り上げられますね。

シリコンとノンシリコンの、両方の問題を解決する効果を持つのが、キトサンなのです。

 

シリコンの問題

髪の毛にツヤを与えて、軽度のダメージならカバーしてくれるシリコン。

長く使われてきたシリコンですが、そのコーティング作用で、頭皮の毛穴までふさいでしまうのが問題となっています。

毛穴がふさがれると、吹き出物や脱毛の原因になり、長く使い続けるほど、そのリスク高くなってしまいます。

 

ノンシリコンの問題

頭皮の健康のためには、ノンシリコンの使用がおすすめですが、ノンシリコンでは全くコーティングされていない無防備ということになります。

コーティングがされていない髪は、少しの刺激でも傷ついてしまい、洗っている間も洗い上がりもギシギシしてしまいます。

ギシギシするのは、傷めている証拠。

ノンシリコンの商品にはキトサンが配合され、なめらかな効果を与えてくれるものが増えています。

 

キトサンにもデメリット

理想的なコーティング効果を発揮してくれる、キトサンにもデメリットがあります。

甲殻類から多く採取されるため、カニエビアレルギーがある場合は使用できないのです。

きのこやイカの軟骨から採れるキトサンもあるので、これらの原料から作られたキトサンなら使えるようですが、価格が高めになります。

 

キューティクルを守るキトサン

髪を保護しているキューティクルは、シャンプーや髪をとかすだけでも、簡単取れてしまいます。

髪が傷んでいる状態というのは、キューティクルが剥がれて、髪の内側にあるたんぱく質や水分が壊れた状態。

髪は死滅細胞でできているので、傷んでも皮膚のように再生することはできません。

一度剥がれると、キューティクルも元には戻らないのです。

トリートメントの効果も一時的なものなので、このように傷んでしまった髪を元に戻すことはできません。

唯一キトサンが疑似キューティクルで、守る効果を発揮してくれます。

 

キューティクルを傷めない予防法

キトサンで髪を保護することは大切ですが、まず傷めないことが重要です。

キューティクルを壊す髪の大敵は、パーマやカラーリング・間違ったヘアケア・紫外線や海水など。

これらには、普段から保湿や栄養補給などの注意深いケアがされているのですが、案外うっかりするのが髪を洗った後乾かし方

濡れている髪はキューティクルが開いて、髪の内部も壊れやすい状態です。

素早く優しく乾かすのが、キューティクルを守るコツです。

 

危ない自然乾燥

ドライヤーの熱で髪が痛むからと、ドライヤーを避けて自然乾燥してはいませんか?

シャンプーの後などの、濡れた髪のキューティクルは非常にはがれやすく、ブラッシングや枕などの摩擦でも簡単に剥がれてしまいます。

髪の内部にもダメージを受けやすいので、素早くキューティクルを閉ざすために、できるだけ早く乾かしましょう。

ドライヤーを使っても、動かしながら乾かせば、熱によるダメージはほとんどありません

自然乾燥ではなく、できるだけ早く乾かすことが、保護のためには大切です。

 

こすらない正しいタオルドライ

キューティクルが開いている濡れた髪は、大変デリケートな状態です。

ゴシゴシと髪をこすると、それだけでには大きなダメージとなってしまいます。

髪とタオルの間に空気を挟むような、優しいタオルドライが効果的です。

 

キトサンの髪への効果【まとめ】

使い続けていくことで、被膜を作って保護してくれるキトサン

あきらめるしかない… と思っていた傷んだ髪に、心強い味方ができたようでうれしいですね。

一旦髪が痛むと、回復するには長い時間手間がかかります。

キトサンで保護しながら、健康な保ちましょう。

関連記事