食前?食後?飲むタイミングで食事の救世主になるキトサン!

ダイエット中なのに、つい手が出てしまうケーキやチョコレート。

健康のために油モノ禁止!と決意しても、夕食にフライを食べてしまったり。

ダイエットも健康への決意も、思い通りにいきません。

そんなときは、きっとキトサンが救世主になってくれます。

今回は、キトサンを飲むタイミング食前なのか、食後なのか詳しくお伝えします!

⇒キトサンのサプリメントはこちら

 

キトサンて?

キトサンは食物繊維の一種

原料はカニ・エビなどの甲羅や、イカの軟骨、キノコから抽出された「キチン」という動物性食物繊維です。

それを、人工的に科学的に処理したのが「キトサン」です。

キチンとキトサンは、とてもよく似た物質ですが、それぞれ特徴的な違いがあります。

 

キチン

多くの生物に含まれる物質です。

細胞間を強く連結させ、硬く丈夫にするなどの役割があります。

水・酸性・アルカリ性の一般的な水溶液には溶けません

現在、日本ではキチンを抽出する原料の多くは、カニ・エビなどの甲殻類がもっとも多くなっています。

工業製品や医療用品などに利用され、今でも研究が進められています。

食物繊維の一種として分類されています。

 

キトサン

キチンを化学的処理したものが「キトサン」です。

水に溶けないといった、キチンとよく似た性質、構造をもった食物繊維です。

サプリメントなどの表記にはキチン・キトサンと記載されている場合があります。

化学的に処理を行っても、キチン成分は含まれているためです。

そして+電荷をもつ珍しい食物繊維です。

通常、食物繊維は電荷(物質がもつ+や-の電気の量)が-電荷中性(+・-の電荷量が等しい状態)です。

また、キチンと同じく水には溶けませんが、酸には溶けやすい性質があります。

この2つの性質が健康上、有益だといわれている効果の原因になっています。

とくに、コレステロールを低下させるには有効だと厚生労働省にも認められ、「特定保健用食品(トクホ)」として認定されました。

有益な成分ですが、食物からの摂取は難しいため、通常サプリメントなど加工した状態のものを摂取します。

⇒キトサンのサプリメントはこちら

 

では、体内でどのように働くのでしょうか?

そして食前、食後のどちらのタイミングで飲むのが効果的なのでしょうか?

 

キトサンは-電荷がお好き

キトサンは、まず胃酸で溶かされ、どろっとした液体になり、そのまま腸に移動します。

+電荷をもつキトサンは、腸内で-電荷の物質をくっつけ包み込み、体外に排出します。

-電荷の中には、胆汁酸など脂肪の吸収を助ける成分も分泌されます。

キトサンと結びつくと、脂肪吸収されにくくなります。

このことから、ダイエットにも有効だといわれています。

また、ほかの食物繊維と同じように整腸作用や、生活習慣病などの予防につながります。

最大限の効果を発揮させるなら、吸収させたくないものと一緒に摂る方が良さそうです。

それなら食前?それとも胃に食べ物がある食後でしょうか?

 

食前か食後か?飲むタイミング

キトサンは、食前に飲むほうが効果的?それとも食後?

働きからみると、食物と一緒に体内にある方が効果的です。

正解は…

食前食後どちらも正解!

多くの健康食品会社では、食前に飲むことをすすめています。

食前にキトサンを胃に入れて、ハイカロリーな食べ物たちのアタックに備えるためですね。

ですが、食後に摂取してください、と説明されている場合もあります。

これは、どいうことでしょうか?

 

食前でも食後でもキトサンは食べ物と一緒に!

性質上、食べ物と一緒消化されることがキーポイントです。

ですから、食前でも食後でも、キトサンが食べた物と一緒に消化過程に乗ることが大切です。

食前でも、食後でも食べ物と一緒でなければ、効果発揮されません。

食前に飲んでも、時間をおいて食事を取ったとしたら効果は薄いでしょう。

それなら、食後すぐに飲むほうが効果は高くなります。

反対に食後、時間をあけて飲んでもやはり効果は薄くなります。

食前か食後か、飲むタイミングは悩みどころですが、大切なのは食べた物とキトサンが一緒に腸内にあることです。

食前が良いのか、食後が良いのかは、サプリメントのメーカーの指示従うのが一番良いでしょう。

ですが、大切なのは食前なら飲んだらすぐに食べ食後はすぐに飲む、ということです。

 

キトサンの効果・効能は?

コレステロールとの関係

キトサンは+電荷をもち、-電荷の物質をくっつける性質がありました。

-電荷の物質には、胆汁酸と呼ばれるコレステロールを原料にした、脂肪の吸収を促す成分も分泌されます。

胆汁酸が足りなくなると、新たに体内のコレステロールを使って胆汁酸をつくるので、結果的に体内のコレステロール減少します。

食前食後飲むことで、コレステロールが高くなるのを防いでくれる効果が期待できます。

 

他の効果

キトサンは「-電荷の物質をくっつける」という性質のため、腸内の様々なものをくっつけます。

塩分・プリン体など過剰摂取になりがちな成分や、重金属など知らずに体に溜まっている成分を、体外排出してくれるといわれています。

ほかに、食物繊維としての役割もあり、便通よくしてくれる整腸作用があります。

こうした効果で、腸内環境が良くなり肌がきれいになる、免疫力向上といった効果があるといわれています。

製品や個人の体質にもよりますが、食前、または食後にキトサンを飲むだけで。体に良い影響があるなら試してみたくなりますよね。

ですが、注意事項もあります。

ポイントを押さえて、健康やダイエットにつなげましょう。

 

キトサンを飲む時の注意

キトサンは、食前・食後に飲むと、健康やダイエットに役立ちますが、用量用法はきちんと守りましょう。

「特定保健用食品(トクホ)」でも、健康被害が報告されていますので、注意しましょう。

 

1.水を多めに飲む
2.薬との飲み合わせ
3.アレルギー
4.飲むタイミング
5.過剰摂取

 

1.水を多めに飲む

キトサンを飲むときは、をコップ一杯くらい多め飲みましょう。

性質的に水を蓄えやすく、水分不足便秘になることがあります。

 

2.薬との飲み合わせ

以下のを服用している方は、キトサンとの相性が悪いため、医師相談しましょう。

  • 抗コレステロール薬
  • 血液関係の薬
  • てんかんの薬

この他にも、薬を服用されている方は、医師に相談しましょう。

 

3.アレルギー

キトサンの原料のほとんどは、カニ・エビといった甲殻類のため、アレルギーを持つ方は慎重になったほうが良いでしょう。

キノコ由来・イカ由来の製品など、体質に合わせた製品を選択しましょう。

 

4.飲むタイミング

タイミングに注意するのは、食前食後だけではありません。

脂溶性ビタミンA・D・E・K、ミネラル類も排出される可能性があるので、飲むタイミングをずらす、サプリメントなどで補うなど工夫しましょう。

 

5.過剰摂取

摂り過ぎは、下痢便秘栄養素不足などの原因になります。

必ず用量は守りましょう。

 

まとめ

美味しい食事を目の前に、罪悪感を持って食べる…。

そんな気持ちから、キトサンは解放してくれそうです。

ですが、キトサンはいざというときの救世主。

健康とダイエットの基本毎日の生活です。

キトサンを上手に利用して、健康美容役立てましょう!

⇒キトサンのサプリメントはこちら

 

関連記事