• 投稿日 2017.5.9 - 更新日 2017.5.9

群発頭痛の原因と予防する食べ物や予防薬ワソランの【まとめ】

あなたの頭痛、もしかしたら群発頭痛かも?!

群発頭痛は、女性より男性が発症する確率が高いそうですが、群発頭痛になる原因はまだ判明していません。

原因が判明していない症状なら、発症する前に予防する手段を考えたいですよね。

そんな、群発頭痛が発症する原因、予防する食べ物、予防薬ワソラン、治療方法をまとめてみました。

 

群発頭痛とは

群発頭痛は、発症すると一定間隔で激痛になる頭痛であることから、群発地震のようなので群発頭痛と呼ばれています。

半年から2,3年のサイクルで発症し、一度発症すると数か月間毎日のように症状が現れます。

症状がでる時間帯もあり、深夜から明け方にかけて発症することが多いようです。

群発頭痛は、目の奥を突き刺すような、激痛を伴います。

なぜ、目の奥を突き刺すような痛みが発生するのかは、まだはっきりとしていません。

ですが、原因の一つとして、目の奥にある内頸動脈という太い動脈が拡張して、炎症を起こすからと考えられています。

この症状は、女性よりも男性に多く見られるそうです。

 

原因(悪化,誘発)となる食べ物

群発頭痛が発症する原因が判明していないのであれば、症状を悪化させたり誘発するようなことは避けたいですね。

群発頭痛を悪化させる原因として、特定の食べ物の摂取による可能性が考えられます。

それは、血管の拡張を促すような栄養素を含む食べ物です。

たとえば、チラミンという栄養素を聞いたことがあるでしょうか?

チーズ、ヨーグルト、赤ワイン、ココアなどの食べ物に含まれていて、血管を拡張する作用があります。

また、亜硫酸ナトリウムを含む食べ物も、チラミン同様に血管を拡張させる効果があるので、避けるようにしましょう。

チラミンや亜硫酸ナトリウムを含む食べ物は、次のような食べ物です。

  • チラミンが含まれる食べ物:チーズ、ヨーグルト、赤ワイン、ココア
  • 亜硫酸ナトリウムが含まれる食べ物:いくら、ソーセージ、ハム、ベーコン

※亜硫酸ナトリウムは食品添加物のため、上記の食べ物でも無添加と記されている場合は問題ありません。

 

群発頭痛を予防する食べ物ってある?

群発頭痛を悪化させる食べ物に対して、逆に群発頭痛を予防する食べ物はあるのでしょうか?

色々調べてみましたが、直接的に予防効果がある食べ物は見当たりませんでした。

偏頭痛などに効く食べ物などはありそうですが、頭痛の種類によって効果も違います。

そのため、群発頭痛以外の頭痛に効く食べ物は、予防として、あてにしないほうが良さそうですね。

 

予防薬ワソランについて調べてみました。

出典:gooヘルスケア

食べ物による予防ができないのであれば、他に予防処置はないのでしょうか?

薬による予防ができるかについて、ワソランによる予防効果に焦点をあてて調べてみました。

予防薬ワソランとはどういう予防薬?

ワソランとは、商品名で成分名はベラパミルという名前の薬で、心臓の心拍を抑える効果が特徴の薬です。

そのためワソランは、頻脈性不整脈の治療に用いられます。

このワソランが、なぜ群発頭痛の予防に効果があるのかというと、脳の血管拡張作用を利用することで予防薬として用いているのです。

ワソランが予防薬としてはたらく仕組みは?

群発頭痛は、症状が発症する前に血管が圧縮して、その後血管が拡張するときに周りの神経を刺激して激痛が起こるのです。

ワソランは、脳の血管を拡張させる作用があるため、群発頭痛が発症する際の血管の圧縮を抑えることで予防しているのです。

そのため、症状が発症してからワソランを使用しても意味がありません。

ワソランは、あくまで予防のために使用する薬なのです。

■ワソランを使用した時の副作用は?

ワソランを使用した際の、副作用としては脈が遅くなる「徐脈」があります。

もともと心臓が弱っている人や高齢の方は、ワソランの使用には十分注意する必要があります。

また、頭痛やめまいが起きる可能性もありますが、使用するに連れて慣れてくる場合もあるそうです。

ワソランの重い副作用では、めったに起こらないようですが心不全や動悸、むくみなどあるようです。

念のため、初期症状などに注意して使用しましょう。

 

群発頭痛が発症した時の治療法は?

ワソランなどの予防薬で、予防できなかった場合の、治療薬などについても調べてみました。

群発頭痛は、突発的に発症するため、内服薬では効果が追いつきません。

そのため、スマトリプタンという皮下注射や、消炎鎮痛薬であるインダシン座薬などの使用が、効くとされています。

また、酸素吸入による治療法もあります。

医療用の酸素ボンベで、酸素を毎分7リットル、15分吸入することで痛みが和らぎます。

症状が発症したときには、これらの処置や治療薬の使用をドクターに相談して行いましょう。

 

まとめ

群発頭痛は、はっきりとした原因は判明していませんが、目の奥の血管が縮小後、拡張することで周りの神経を刺激して激痛が発生しているようです。

そのため、症状が発生しているときに、血管の拡張を促進するような食べ物を摂ると症状が悪化、誘発してしまいます。

また、予防薬としてはワソランなどがあります。

ワソランは脳の血管を拡張するはたらきがあるため、群発頭痛が発症する際の血管の縮小を防ぐことができますが、副作用には注意が必要です。

また、群発頭痛の症状が発症してから、ワソランを使用しても効果はありません。

ワソランなどの予防薬が効かなかった場合には、皮下注射や消炎鎮痛剤などを使用して、痛みを和らげます。

食べ物の注意点や予防薬、治療薬の使用には、ドクターと相談して使用していきましょう。

関連記事