【女性の大敵!肌のシミ】その消し方や予防する方法をお伝えします!

680%e7%99%bd%e3%81%84%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%a7%e9%a1%94%e3%82%92%e3%81%8b%e3%81%8f%e3%81%99%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

見た目を老けさせる肌のシミは、徐々に出てきていたのに、自分で気がつくときは大きくなったり濃くなった時です。

あなたも、そんな経験があるのではないでしょうか?

女性の大敵、お肌のシミを予防する方法や、できてしまったシミの消し方をチェックし、光るお肌の自分を手に入れましょう!

シミができる原因

680%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%93%e3%82%ad%e3%83%8b%e3%81%ae%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

肌のシミは何でできているの?

シミは皮膚のメラノサイトという色素によってできています。

原因は様々ですが、このメラノサイトがなければシミはできません。

それなら、シミを消すにはメラノサイトを体内からなくせばいいと考えてしまうかもしれませんね。

しかし、メラノサイトは肌を守るために存在しているので、一概になくなればいいということではありません。

なくなってしまうと、肌ダメージへの対応が悪くなってしまうのです。

メラノサイトが出てくる原因

メラノサイトはどんな時に出てくるのでしょうか。

紫外線や摩擦、疾病などにより、皮膚がダメージを受けた時、皮膚を守る役目としてメラノサイトが生成されます。

例えば、海水浴や日常生活で、紫外線対策をせずに日光を浴びると、紫外線が肌の細胞にダメージを与えます。

その肌ダメージを修復・肌強化のためにメラノサイトが作られるのです。

また、ホルモンバランスが崩れたり、睡眠不足など生活習慣の乱れにより、メラノサイトが過剰生成されることもあります。

過剰にメラノサイトが作られると、余分なシミの原因となってしまいます。

肌のシミの消し方を知ることも大事ですが、過剰にメラノサイトを作らないことも大事そうですね。

皮膚が受けるダメージの原因

まず何と言っても、紫外線です。

私たちが子どもの頃に、誰か夏に日焼けしてはいけないという大人がいたでしょうか?

いませんでしたよね。

私たちは、真っ黒になりながら嬉々として外を走り回りました。

あの紫外線が、私たちの肌にはダメージを与えていたのです。

子どもの頃は、すぐに正常な肌に戻りましたが、大人になって肌の修復が遅くなると、その紫外線ダメージは次第にシミの原因となっていきます。

肌のシミを作らないためには、絶対的に、紫外線を予防する必要がありそうです。

 

次に、肌への摩擦も皮膚にとってはダメージです。

つい手で顔をこすってしまう、洗顔の時にゴシゴシしてしまうなども、肌にとってはダメージです。

よくやりがちな、目が痒くてこすってしまうというのも、薄い目の周りの肌にとってはかなりのダメージなのです。

毎日見ているとわかりにくい損傷ですが、肌はこすらない方が絶対的に良いのです。

紫外線だけに気を配り、毎日UVクリームを塗っていても、クレンジングする時にゴシゴシしてしまっては、お肌のシミは逆に増えてしまうかもしれません。

また、肌のニキビ跡や虫刺され部分も、皮膚ダメージを受けています。

これらは肌の奥、真皮の方までダメージが届くことも。

妊娠中の傷や虫刺されの跡はなかなか消えないとよく聞きますね。

妊娠中は、体を守るためにメラノサイトがじゃんじゃん作られているので、跡が黒く残りやすいのです。

肌のシミを増やさないためにも、顔の傷などにも気を配りましょう。

 

そして最後に、これは誰も避けられませんが、加齢によるDNAの損傷があります。

DNAは同じ細胞をいくつも作っていきます。

しかし、ダメージを与えられた細胞が、加齢で正常に戻る速度が遅くなり、ダメージのある細胞を再生していってしまうのです。

そうすると、次から出てくる細胞は、メラノサイトが生成されたままの細胞がどんどん出てくることになりますね。

生まれたままの自分の細胞ではなく、シミの原因が入った細胞が増えていくのです。

想像しただけで、ちょっとホラーです。

原因は、日常生活にたくさんあることがわかりました。

もうこれは肌のシミの消し方を、知るしかありません!

対策

 

若いときは、肌のターンオーバーが正常です。

ダメージを受けても、正常に戻せる力があるのです。

つまり、ターンオーバーさえ正常なままなら、肌のシミはできないのです。

小さい子どもがすぐ日焼け跡がなくなるのがいい例ですよね。

だんだん正常に新陳代謝しなくなることが、肌のシミの大きな原因とも言えます。

つまり、メラノサイトを生成しないことと、ターンオーバーを正常に整えることが肌のシミの消し方で一番大事ということです!

予防法

では、シミの予防法をみていきます。

まず、これ以上紫外線を浴びたり、肌ダメージを与えないということは当然です。

UVクリームを、朝起きてスキンケアを終わらせたら、すぐに塗りましょう。

外出時は、2〜3時間に1回、こまめに塗り直しをしましょう。

UVクリームのSPF値が高くても、朝1回塗っただけで一日中屋外にいては、紫外線のダメージは避けられません。

SPF20くらいでも、こまめに塗り直しをした方が、効果は高いです。

化粧はしない派という人も、日焼け止めのつもりで化粧をした方が良いですね。

また、紫外線は肌の遠くでブロックする方が効果があるので、日傘や帽子を使ったり、日陰を歩くなどの気遣いが必要です。

シミの消し方にも書きますが、ターンオーバーが活発になるような生活をして、新たな肌のシミを作らない努力が大事です。

できてしまった肌のシミの消し方

%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc

では、できてしまったシミはどうしたらいいのでしょうか。

ターンオーバーが正常に近づけば、シミは消えていく可能性があります。

新陳代謝が正常に行われるために、体のリズムと栄養バランスを整えましょう。

まずは、体の中から!

以下の点に気をつけて、体に取り入れるものを見直してシミを消していきましょう。

水をたくさん飲む

ターンオーバーを促すために、1日に1・5リットルほどの水を飲みましょう。

冷水より常温や白湯がいいでしょう。

体を冷やすと新陳代謝が悪くなり、肌のシミを消すことからは遠ざかってしまいます。

良質なタンパク質を摂る

肌はタンパク質でできているので、多く取りましょう。

シミを消したいから、たくさんタンパク質を摂りたいと思う方は、大豆製品等で植物性のものを多く摂りましょう。

ビタミンA・B・Cを摂る

ビタミンは、体の調子を整えるものです。

どんなに良質なタンパク質を摂取しても、細胞への栄養の取り込みや体温調節などのためにビタミンを摂取していなければ栄養が機能せずに終わってしまいます。

野菜やサプリメントなどで、多く取りましょう。

水溶性のものは、必要量を一気に取らずに一日数回に分けて摂取できると、一番いいですね。

また、シミを消すためだけでなく、ビタミンは誰にでも必要です。

ただし、妊婦さんのビタミンAの過剰摂取は気をつけないといけません。

 

次に、外側からの肌のシミの消し方はどんなものがあるかみていきましょう。

予算に合わせて色々試してみれるといいですね。

化粧品

合う・合わないがあると思います。

いろいろなシミ用スキンケアを試してみてください。

ピーリングした後にホワイトニング効果のある美容液を入れるなど、メーカーによって様々なものがあります。

馬の油

馬の油は、ターンオーバーを促すと言われています。

すぐには効果が出ないようですが、根気よく塗っていくことで肌のシミが消えたという声があります。

自然由来のものですし、試してみる価値はあるかもしれません。

自然派の方にはオススメですね。

レーザー治療

シミの消し方としては、比較的歴史が長いですね。

昔からあるレーザー治療は、比較的安価に美容外科などで施術してもらえます。

術後は、紫外線にあたってはいけないなど注意点があるので、説明をよく聞いて、試してみましょう。

目立ってきたシミは、1ショットで消せるものではないので、全てのシミを消すには長丁場になる覚悟が必要です。

美容外科

レーザーではなく、最新のシミ消し技術は日々進化しています。

ビタミンC導入などホームエステでもできますが、プロの薬剤は効くようです。

お値段もピンからキリまであるので、お財布に合った方法をネットで検索してみてください。

シミを消す処方薬も出してくれます。

まとめ

 

680%e6%b5%b7%e3%81%ab%e8%90%bd%e3%81%a1%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%8f%e5%a4%95%e9%99%bd%e3%81%ab%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%89%8b%e3%82%92%e3%81%8b%e3%81%96%e3%81%99%e5%a5%b3%e3%81%ae

女性なら、必ず気になる肌のシミです。

なければいいのにと何度思うかわかりません。

肌にシミができるまでに時間がかかるように、消すのにも時間がかかるものです。

シミの消し方の原因と対策を参考に、根気よく、自分に合った方法で、肌のシミを消して美しくなりましょう。

関連記事