【女性の白髪はいつから?】生える年齢と原因は?白髪対策と併せて大公開!

680%e9%bb%92%e3%81%84%e5%b8%bd%e5%ad%90%e3%81%a8%e4%b8%89%e8%a7%92%e6%8c%87%e8%bc%aa%e3%81%ae%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

白髪を見つけたときの衝撃は、たとえ1本でも大きいものです。

老化の象徴のような白髪に、自分の年齢を突きつけられたようで動揺しますよね!

白髪を染めるにも、染まらない・においがキツイ・髪がバサバサ・頭皮がヒリヒリ…

⇒白髪染めが気になる方はこちら

 

今回は、女性の白髪の原因と、白髪対策はいつからはじめるべきか?

についてお伝えしていきます。

 

女性の白髪はいつから?

白髪が生え始める年齢は、女性は平均35歳と言われています。

白髪になる主な理由は年齢によるものです。

ですが、白髪がいつから生え始めるのかは、一概に何歳からとは言えません。

遺伝や生活習慣・ストレスなど白髪の原因は多岐にわたります。

そのため、白髪が何歳から生え始めるかは人によって異なります。

白髪はいつから生えてもおかしくないとも言えます。

では、白髪とはどのような状態なのでしょうか?

 

黒から白へ 白髪のメカニズム

680%e9%87%91%e9%ab%aa%e3%81%ae%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%ab%e3%83%80%e3%83%bc

白髪になってしまう原因、それは毛根にある髪を黒くする色素細胞の衰えです。

髪は毛根の毛母細胞で作られ、最初は白色で色がついていません。

それが、色素細胞の働きにより、メラニン色素で黒い色になります。

色素細胞が、何らかの原因で働きが衰え髪が黒くならずに、そのまま生えてしまったのが白髪です。

この過程は男性・女性関係がありません。

毛母細胞の衰えの理由は様々であるため、何歳から白髪が生えるのかはっきり言えないのもこのためです。

ですが、活発なヘアサイクルは女性は30代がピークと言われています。

35歳前後から、白髪が生えてくるのは自然な流れなのかもしれません。

 

年齢は関係ない?何歳からでも白髪の可能性はある!?

680%e6%82%a9%e3%82%80%e5%a5%b3%e6%80%a7

白髪の生える平均は、女性は35歳と一般的には言われますが、毛根の色素細胞の働きが鈍くなれば、年齢に関係なくいつから白髪が生えてもおかしくありません。

色素細胞の働きを鈍くさせる理由はいくつかあります。

 

生活習慣

睡眠不足、偏った食事による栄養素不足、運動不足などが白髪の原因になります。

睡眠不足

髪の成長は夜の睡眠時間に促進されると言われています。

特に、成長ホルモンが活発になる夜10時~2時は、髪の育成タイムです。

この時間は美容にも関係あります。

女性は積極的に睡眠を確保したいところです。

栄養不足

偏った食事も白髪の原因になります。

3食ちゃんと食べている方も、摂取すべき栄養素が摂れていないと、健康的な黒髪が作られません。

どの年齢の女性もそうですが、ダイエットなどで栄養素が充分に摂取出来なければ、白髪の原因になります。

運動不足

頭皮への血流が滞ると、白髪に栄養素が届かず白髪になりやすくなります。

運動不足は、体全体の血行が悪くなり、頭皮の血流も悪くなりがちです。

 

タバコ

百害あって一利なしと言われるタバコです。

当然、髪にも良くありません。

喫煙者の白髪になる確率は、吸わない人の約4倍と言われます。

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させ血行不良を招きます。

さらに、大量のビタミンを消費してしまうため、喫煙者は何歳からでも白髪が増える可能性があります。

 

ストレス

長期的、または過剰なストレスがかかった状態も、白髪になりやすくなります。

ストレスは、色素細胞を壊してしまい、白髪が増える原因になります。

 

紫外線

髪は、なんと肌の3倍もの紫外線を受けているとか。

髪や頭皮は、紫外線の影響を受けやすい環境にあります。

紫外線が色素細胞を傷つけ白髪になってしまいます。

 

初潮・妊娠・出産・閉経

女性は、初潮・妊娠・出産・閉経の際、ホルモンが大きく変動します。

色素細胞はホルモンと関係しているため、ホルモンが乱れると色素細胞の働きが低下し、白髪になります。

そして、ホルモンだけが原因ではなく、妊娠・出産は女性には大きなストレスや疲労になります。

そのため女性は、産後に白髪が増えることがあります。

 

遺伝

遺伝と白髪の関係は、まだ深く解明されていませんが、髪の性質は遺伝の影響が大きいと言われています。

家系的に白髪が多い人は、白髪が多くなりやすい傾向があります。

 

病気

白髪が増える原因に、病気が関係している場合があります。

胃腸疾患、貧血、甲状腺疾患になると、栄養不足や血行不良などで髪に栄養素が届かなくなるためです。

体に異変や気になることがあれば、一度病院に行ってみましょう。

このように白髪の原因は様々で、いつから生え始めるのか、何歳からとは明確には言えません。

 

いつからでもOK!白髪対策

680%e9%99%bd%e3%81%a0%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%a7%e5%b8%bd%e5%ad%90%e3%81%ab%e6%89%8b%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%82%8b%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

白髪の原因は、自分ではどうにもならないこともありますが、少し意識するだけでも改善できることもあります。

いつからでも構いません。

対策は早いほど良いでしょう!

 

睡眠をとる

睡眠中に、昼間に髪が受けたダメージを修復し、生育されます。

夜10時~2時は、成長ホルモンの活発になる時間帯ですから、出来るだけその時間に睡眠を確保しましょう。

 

十分な栄養

健康な髪をつくるには、たんぱく質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸などの栄養素が不可欠です。

これらの栄養素がバランスよく含まれた食事を摂ることが理想的です。

特に銅・ビタミンB12・葉酸が効果があると言われています。

食事からすべてを補うのは難しいので、サプリメントなどを利用するのも良い方法です。

 

運動する

全身の血行を良くすることが大切です。

頭皮のマッサージで部分的に血行を良くするだけではなく、運動などで体を動かすことが大切です。

何歳から始めても大丈夫です!

無理のないところから運動する習慣を身に着けましょう。

 

禁煙

タバコを吸う方は血行不良と栄養素不足になりやすいため、禁煙が一番です。

なかなか止められない方は、少しずつ減らす努力をしてみましょう。

 

ストレス解消

ずっとストレスがかかった状態はよくありません。

心身ともに適度にストレスを発散させることが必要です。

趣味や、軽い運動をするなど自分が楽しむ時間を作りましょう。

リラックスする時間は、どの年齢にも必要なものです。

 

外出

紫外線から髪を守るために帽子をかぶる、髪用の日焼け防止スプレーを使うなど、紫外線から受けるダメージを緩和させましょう。

このように白髪対策は様々なアプローチができます。出来るところからやってみましょう。

 

すでに白髪になっている髪は?

680%e9%99%bd%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%a7%e4%bc%b8%e3%81%b3%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

では、もうすでに白髪になってしまった髪はどうしたらいいのでしょうか?

 

切る

そんなに目立たないほどの本数の白髪なら、根本から切ってしまいましょう。

NGなのは白髪を「抜く」ことです。

抜いてしまうと、毛根が傷つき髪が生えなくなったり、傷から雑菌が入り炎症を起こす可能性があります。

 

染める

全体的に、白髪が目立ち始めているようなら、染めるのも白髪が目立たなくさせる方法です。

染める際の注意は、ちゃんと白髪染め用を使うことです。

ヘアマニキュアや普通のカラーリング剤と白髪染め用は染まる仕組みに違いがあります。

白髪を染めるときは、白髪染め専用のものを使用しましょう。

 

白髪を生かす

女性にとって白髪は年齢を感じさる憂鬱なものです。

それを、ネガティブにとらえるのではなくファッションとして、白髪をとらえるのも一つの考え方です。

白髪のままでも美しい女性たちは数多くいます。

素敵な女性たちをお手本にして、おしゃれを楽しんでしまいましょう。

 

まとめ

女性の白髪は、年齢に関係なく生活習慣や体質によって、何歳からでも白髪が生える可能性があります。

また、様々な心身の変化は誰にでも起こりますが、髪は資源のようなものです。

いつまでも健康な髪が保たれるように、髪に良いことを少しずつ実践してみましょう。

関連記事