【徹底調査】女性の髪が細くなる理由と原因、実行するべき対策はこれっ!

%e5%be%8c%e3%82%8d%e6%89%8b%e3%81%ab%e3%81%b2%e3%81%be%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%ad%a9%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90%e7%b8%ae%e5%b0%8f

あなたの髪、細くなっていませんか?

年々、髪の細さや薄毛に悩む女性が増えています。

特に女性の場合、髪の悩みは深刻ですよね。

年齢に関係なく、おしゃれを楽しみたい女性にとって、髪の毛の悩みは特に重要です。

最近「ちょっと髪が細くなった」といった程度の方も、早めの対策をおすすめします。

生活を振り返って、髪が細くなる原因がないかチェックし、対策していきましょう!

今すぐ対策したい方はこちら >

 

髪が細くなる4つの原因と対策

%e9%87%91%e9%ab%aa%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e6%a8%aa%e9%a1%94%e7%b8%ae%e5%b0%8f

女性の髪の毛が細くなる原因は、大きく分けて4つあります。

髪が細くなる4つの原因を、引き起こす理由は様々です。

なかには、日常生活でついやってしまいそうなことも…。

場合によっては、病院に行った方が良いこともありますので、そのときは迷わず病院に足を運びましょう。

 

血行不良で髪が細くなった

なぜ血行不良で髪が細くなるかというと、その理由は頭皮にあります。

血液は栄養素を体中に運ぶ役目があり、髪の毛の生育に関わる栄養素も運ばれてきます。

それが何らかの理由により、血流が滞ると頭皮まで血液が流れず、毛根まで栄養が行き渡りません。

血行不良になる理由は次のようなものがあります。

 

冷え症

冷え症は女性に多い症状です。

冷え症になると頭皮のような末端にまで血流が届かず、冷えた状態が続きます。

また、不眠やホルモンバランスの乱れにもつながります。

対策

血行を良くするには、お風呂が有効です。

38~40℃のぬるま湯に、最低20分つかるのが理想です。

頭皮をマッサージをするのもおすすめです。

指の腹で気持ち良く感じる強さで、頭皮全体を揉むと効果的です。

また、育毛剤で血行を促し、頭皮の健康を保つのもおすすめです。

 

タバコ

タバコを吸うと血管を収縮させるため、血行不良になります。

他にもタバコを吸うことで、ビタミンを大量に消費され、さらに栄養素が髪の毛までに届かない状態になります。

対策

禁煙するのが一番です。

禁煙外来は全国にあるので、一度行ってみるのもいいでしょう。

禁煙アプリなども活用してみるのもおすすめです。

 

栄養不足で髪が細くなった

血液は体内の各器官に栄養素を運ぶ役目がありますが、栄養素自体が不足していると、髪の毛は健康に育つことが出来ません。

栄養不足になってしまう理由はなんでしょうか。

 

食生活の乱れ

ダイエットや、極端に少食だと摂取する食べ物が少ないため、栄養不足になりがちです。

また、カップラーメン、菓子パン、コンビニ弁当が多い方も必要なビタミンやミネラルが摂れず栄養不足の可能性があります。

対策

バランスの良い食事を心がけましょう。

ビタミンやミネラルは髪の毛にも必須ですが、健康な生活を送るためにも大切です。

以下は髪の毛の生育に役立つと言われている栄養素です。

  • タンパク質
  • ビタミンB群
  • ビオチン
  • 亜鉛
  • 鉄分
  • オメガ3系脂肪酸など質の良い脂

栄養素は単体ではなく相互作用で体に働きかけます。

やはりいろんな食材をバランス良く摂るのが望ましいです。

 

過剰なアルコール摂取

アルコールを分解する過程で、ビタミンなどが大量に消費されます。

対策

適度な量にとどめておきましょう。

過剰な飲酒は害になりますが、少量であればストレスの緩和やリラックス効果があります。

 

外的ダメージで髪が細くなった

680%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%a8%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

日常生活の何気ないことも、頭皮や髪の毛の負担になっていることがありあます。

気になる髪の毛の変化も、以下のことが原因かもしれません。

 

パーマ・縮毛矯正・カラーリング

パーマ、縮毛矯正、カラーリングを繰り返していると、髪の毛が細くなる原因になります。

理由は施術の際に使用される薬剤が、頭皮の負担になったり、高温の熱で髪を痛めたりすることにあります。

これらのダメージは、徐々に蓄積され髪の毛が細くなる原因になります。

対策

髪の毛のためとはいえ、すべて止めるのは難しいでしょう。

パーマなどの施術は間隔をあけて行う、頭皮や髪の毛に負担の少ない薬剤を選ぶなど工夫してみましょう。

 

髪型

エクステンションや同じ髪型や分け目にしていると、牽引性脱毛症になる可能性があります。

髪の毛を強い力で、長時間引っ張り続けると髪の毛が抜けてしまう症状です。

対策

適度に髪型や分け目を変えて、一部にかかっている負担を減らしましょう。

ドライヤーで髪の毛を乾かすときに、クセの逆方向から風をあて、根本からよく乾かすと徐々に分け目をリセットできます。

 

シャンプー

髪の毛の洗いすぎやシャンプーの洗浄力が強いと、頭皮に必要な油脂までも洗い流されて、頭皮が乾燥してしまいます。

シャンプーによってはラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naが配合されているものは、洗浄力が強いので長期間使い続けるには、注意した方が良いかもしれません。

対策

シャンプーは洗浄力の強すぎないものを選びましょう。

髪を洗う時は熱すぎない温度で、すすぎも念入りにしましょう。

 

紫外線

頭皮の紫外線ダメージを受けていますが、気にしにくい場所でもあります。

理由は頭皮の細胞を少しずつ壊していくので、変化が分かりにくいためです。

対策

帽子をかぶる、髪用の日焼け止めスプレーを利用するなどで対策しましょう。

日焼け止めを使った日はシャンプーも忘れずに。

 

アレルギー

髪の毛が抜ける原因にアレルギーがあります。

金属アレルギーなどで突然、抜け毛がひどくなることがあります。

対策

病院で検査し、アレルギー源を特定しましょう。

そして医師の指示のもと、適切な処置を受けましょう。

 

ホルモンバランスの乱れで髪が細くなった

ホルモンバランスの乱れは多岐にわたります。

その理由はホルモンが体の様々な機能や役割を持っているためです。

髪の生育もホルモンが関わっています。

 

ストレス

ストレスで血行不良やホルモンバランスが崩れると、抜け毛や円形脱毛症になることがあります。

対策

ストレスは適度に発散させましょう。

自分の好きなことをしたり、運動するのもおすすめです。

もし円形脱毛症等であれば病院で早めに治療しましょう。

 

睡眠不足

髪の毛は夜のうちに成長が促され、昼間うけたダメージを補修しています。

睡眠不足によって、ホルモンの働きが鈍り、髪の毛が育たず細くなってしまいます。

対策

出来るだけ早く寝ましょう。

寝る前にスマホをいじるのも、睡眠不足の原因になるのでガマンしましょう。

 

出産後・更年期

出産後・更年期は女性ホルモンが著しく低下するため、髪の毛が細くなる、抜け毛などの症状が出る場合があります。

出産後の方は、体の正常な反応なのであまり心配はありません。

更年期の方はFAGA(女性男性型脱毛症)が心配されます。

原因はホルモンバランスが崩れです。

薄毛が進行する前に早めに対策しましょう。

対策

ホルモンバランスの乱れは生活、精神面など様々な理由で起こります。

そのため、一人で対策するのが難しい場合は、病院での治療するのが良いでしょう。

女性専門のクリニックもあるので、相談に乗ってもらいましょう。大切なのは一人で抱え込まないことです。

 

まとめ

%e6%b5%b7%e3%81%ab%e8%90%bd%e3%81%a1%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%8f%e5%a4%95%e9%99%bd%e3%81%ab%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%89%8b%e3%82%92%e3%81%8b%e3%81%96%e3%81%99%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

いかがでしたか?

髪の毛が細くなる原因は様々ですが、改善できるところからやってみましょう。

ケアは、早ければ早いほど良いので、気になったら実践していきましょう!

 

育毛剤を使っての対策もおすすめです。

そのおすすめの育毛剤が「サイクル」

サイクルは、確かな育毛効果を裏付けとしたオーガニック育毛剤です。

気になった方は、公式サイトに詳しい説明があるのでチェックしてみてください!

サイクルの公式サイトはこちら >

 

関連記事