イチゴみたいでイヤ!鼻の毛穴にできた黒ずみを治す方法と注意すべきこと

鼻の毛穴にできた、黒ずみは目立ちますよね。

悩めば悩むほど、黒ずみが大きく見えて、ゴマでも埋め込んだかのよう。

ですが、無理に黒ずみを取るのは、へのダメージ大きすぎます。

焦らずじっくりのスキンケアで、毛穴黒ずみ治しましょう!

 

黒ずみの原因は乾燥にあり!

黒ずみを治すなら、肌の乾燥対策必須です。

なぜなら、黒ずみ原因のほとんどは、乾燥から始まるからです。

 

乾燥で毛穴が出現?!

毛穴は、急に現れたのではありません。

もともと皮膚に存在します。

皮膚の水分がハリと弾力を保ち、毛穴という「穴」を見えにくい状態にしています。

 

乾燥は、今まで見えなかった毛穴見えやすくします。

また、毛穴の位置は変わらず、周囲の皮膚縮むため、毛穴大きく見えます。

 

乾燥は毛穴の黒ずみの材料をつくる

乾燥が進むと粉をふいたり、薄い皮のようなものがむけたりします。

これらは乾燥して剥がれてしまった角質です。

それとともに、分泌量も増えます。

剥がれた角質は、毛穴の皮脂腺にくっつき、角質と混ざります。

これが空気に触れ黒く酸化したものが、黒ずみになります。

 

黒い角栓の登場

黒ずみは、毛穴の皮脂腺からでる皮脂と混ざりあって固まります。

固まった角栓は、そう簡単取れません。

 

毛穴の黒ずみを助長する要因

主な原因は乾燥です。

また、以下の要因が重なると、毛穴状態悪化させます。

 

  • 過剰な洗顔
  • 無理やり角栓を取る行為(角栓除去パックやピンセットで取るなど)
  • メイクの洗い残し
  • ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)が遅い早い
  • 悪い生活習慣(食生活・睡眠不足・喫煙など)

 

乾燥を招く過剰なスキンケアや、ターンオーバーの乱れになる悪い生活習慣は、黒ずみ培養しているようなものです。

治すには、自分の習慣を振り返る必要があるかもしれません。

 

その他の理由

  • シミによる黒ずみ

鼻にシミができ、それが黒ずみ見えることがあります。

その場合は、乾燥・ターンオーバー対策の他に、シミ対策が必要です。

 

毛穴の黒ずみをきれいに治す方法!

鼻にできた黒ずみは、乾燥進んでできたものです。

黒くならないうちに、毛穴から角栓排出できる肌になることが大切です。

治すには保湿の徹底、そして正常なターンオーバーを促すスキンケアが必要です。

 

無理やり毛穴の黒ずみを治すスキンケアはNG!

ピンセットで取る、角栓除去パックの使用はすぐに止めましょう。

無理やり除去したあとは、ポッカリ空いた毛穴が残ります。

すると少し大きな角栓ができます。

そして除去する、また少し大きな角栓ができる、という悪循環が待っています。

 

鼻の黒ずみを治すにはクレンジング・洗顔料を見極める

洗顔のポイントは、「肌に刺激与えず汚れだけ落とす」です。

クレンジングと洗顔料のダブル洗顔が主流ですが、それぞれ役割が違います。

おさらいしましょう。

 

クレンジング

脂溶性汚れ落とします。

メイクや日焼け止めは脂溶性なので、使用した日には必ずクレンジングで洗顔しましょう。

 

クレンジングの洗浄力は、脂溶性の汚れを馴染ませる油分と、水分と油分を馴染ませる界面活性剤の含有量に比例します。

洗浄力強いと、必要な皮脂も落として乾燥原因になります。

油分と界面活性剤のバランスが良く、肌の負担が少ないのがクリームタイプです。

オイルタイプは洗浄力が強く、乾燥を招きやすいです。

濃いメイクのときは、部分的にオイルタイプを使用したほうが、良い場合もあります。

 

様々なタイプのクレンジングが出ていますが、大切なのは不要な汚れだけを落とすには、どのタイプかを選択することです。

 

洗顔料

皮脂の汚れ、クレンジングなどを落とすためのものです。

メイクや日焼け止めを塗らない日には、洗顔料だけで大丈夫です。

 

洗顔料の中でもおすすめは、洗顔用の固形石鹸です。

特別なものを添加されていないものは、洗浄力のバランスが良く汚れだけを落とすことが特徴です。

フォームタイプなどの洗顔料は油分の含有量が多く、洗顔後はしっとりします。

ですが、油分が洗顔後の化粧水浸透を妨げることがあります。

 

毛穴の黒ずみを治すには、酵素洗顔が有効な場合もあります。

洗浄力が強いので、1週間に1~2回程度にとどめましょう。

保湿しっかり行ってください。

洗顔料も成分と肌と相談しながら選択しましょう。

 

黒ずみを治す洗顔方法

 

たっぷりクレンジングでメイクを落とす

手と顔の間に摩擦が起こらないように、クレンジングたっぷりのせます。

頬からこめかみ、額からこめかみ、あごから頬へと順番に、優しくクレンジングを馴染ませます。

最後に、鼻やこまかな場所を優しくなじませます。

クレンジングは洗浄力が強いので、優しく行いながらも素早く1分以内に終わらせます。

 

洗顔料で洗う

綿あめのような、ボリュームのある、目の細かい泡を作るのが理想です。

顔に泡を丁寧に押し当て、小刻みに手を動かします。

指が顔に触れないように、泡で洗うことを意識しましょう。

ぬるま湯で30回ほど、優しく泡と汚れをしっかり落とします。

タオルで顔を拭くときも優しく拭いてくださいね。

 

朝の洗顔は洗顔料を使う?水だけ?

どちらが、黒ずみを治すには良いのでしょうか?

水洗顔が向いている方は、黒ずみの症状が軽い方です。

 

毛穴の黒ずみレベルが高い方、オイリー肌の方は、洗顔料の使用をおすすめします。

夜とは違い、ささっと済ませるのが朝向きの洗顔時間です。

 

ですが、個人差があります。

朝も皮脂が分泌されています。

自分の毛穴の調子が良くなる方法を選択しましょう。

 

保湿を徹底!

黒ずみを治すには、保水機能高いものを使いましょう。

肌の保水機能を向上させて、黒ずみを治すために有効だといわれているのが以下の成分です。

 

セラミド

皮膚の保水機能向上させ肌がふっくらします。

毛穴もきれいに治すことが期待できます。

 

ビタミンC誘導体

セラミド配合製品と併用すると、治す効果アップが期待できます。

皮脂の酸化抑制効果、皮脂分泌量減らす効果もあります。

 

保湿にはNGの成分

 

アルコール

アルコールの揮発性、刺激が乾燥招きます。

できれば避けましょう。

 

その他の治す方法

自分で治すことが難しい場合はエステ皮膚科に行くのも良いでしょう。

レーザー治療・角栓除去など、セルフケアではご法度のケアもできます。

 

治すには黒ずみの状態や、肌質金額アフターケアなどを、事前に相談確認をしてからにしましょう。

 

生活から毛穴の黒ずみを治す

食生活

鼻をきれいに治す効果期待されるのは、以下の栄養素です。

 

  • ビタミンA:潤いや新陳代謝を促す
  • ビタミンB:新陳代謝を促す、抗炎症作用
  • ビタミンC:コラーゲン生成、抗酸化作用など
  • ビタミンE:抗酸化作用、血行促進作用など
  • 亜鉛:肌、ツメ、髪などを健康に保つ

 

油もの・お菓子などは、控えましょう。

 

睡眠不足の解消

体のメンテが行われる睡眠時間は、必ず確保しましょう。

 

喫煙

喫煙は肌を含め健康向上・維持の妨げます。

禁煙、がんばりましょう!

 

紫外線対策

乾燥・シミに紫外線は厳禁です。

1年中対策しましょう。

 

まとめ

毛穴黒ずみをきれいに治すには、日々の心がけ大切です。

面倒かもしれませんが、スキンケア・生活改善は、美容・健康のためにもなります。

 

肌とともに、体の底力もアップさせて、真の健康美人になりましょう!

 

関連記事