【注意】黒ずみを押し出すと毛穴がボロボロ!黒ずみを優しくとる方法は?

あなたは、自分の毛穴満足していますか?

鼻の毛穴の黒いブツブツ、顔の真ん中なので、とっても気になりますよね。

実は、男性も、女性の毛穴の開きや黒ずみを気にして見ています。

ツメで押し出したり、パックで取ったりなどの方法がありますが、その方法は、毛穴開き毛穴ボロボロにする可能性が大きいです。

毛穴に優しい方法で、誰に見られても恥ずかしくない、毛穴の開きや黒ずみがない美しい鼻を目指しましょう!


⇒自分の毛穴に満足していない方はこちら

 

黒ずみを押し出すのはムダ?!

黒ずみの出来る過程

黒ずみの正体は、「毛穴から分泌される皮脂と角質の混合物が酸化した角栓」です。

角質とは、肌の表面にある細胞で、ホコリなどの異物から肌を守る働きをしています。

角栓にも、雑菌などの侵入を防ぐ役割があります。

 

健康な肌の状態でも、角質や角栓はある程度存在し、黒くなる前に肌のターンオーバーで自然に排出されます。

役目を終えて剥がれた角質皮脂がスムーズに排出されず、そのまま酸化すると黒い角栓「黒ずみ」の出来上がりです。

 

黒ずみとの不毛なイタチごっこ

黒ずみを無理やり押し出すと一時的にきれいになりますが、毛穴がきれいになり過ぎて、肌は皮脂不足していると勘違いし、毛穴の皮脂の分泌量増加します。

不要になった角質は、乱れターンオーバー原因で、うまく排出されません。

 

何もケアしなければ、すぐに黒いブツブツの鼻に戻ってしまいます。

その上、前より黒ずみ目立つようになります。

気になる毛穴を一掃 ⇔ 少し大きめの黒ずみが出来る、というサイクルを作らないようにしましょう。

 

ただ押し出すだけでは、根本的には解決されません。

押し出すことで、毛穴が広がるばかりか、他の肌のトラブルにもつながります。

 

毛穴から黒ずみを押し出すリスク

黒ずみを押し出すリスク

さまざまな、毛穴の黒ずみを解消する製品や方法がありますが、黒ずみを押し出すものは一点強い力をかけます。

肌にはきなダメージとなり、繰り返し強い力で押し出すと、傷つける・炎症色素沈着といった原因になります。

 

また、汚れた手ツメピンセットから雑菌が入り込みニキビ出来るきっかけや、悪化を招きます。

以下のような方法を行っている方は、すぐに止めましょう。

  • 指・ツメで押し出す
  • ピンセットで押し出す
  • コメドプッシャーで押し出す

 

黒ずみを押し出すのは、積極的ボロボロにしているようなものです。

 

黒ずみを引き抜くのも危険!

押し出す方法の他に、引き抜くことで、きれいにする方法もあります。

毛穴除去パック、家庭用の吸引器などです。

 

毛穴除去パックは、手軽に一度で鼻がきれいになりますが、肌に必要な皮脂角質剥がしてしまいます。

継続して使用すると、本来のターンオーバーの働きを乱してしまい、乾燥皮膚厚くなる・毛穴拡大するなどデメリットが多い方法です。

肌のためにも、使用はおすすめできません。

 

家庭で使える吸引器も、強い力がかかるので、赤くなる・乾燥気味になる・効果が感じられないなどのデメリットがあります。

効果を感じている方もいるので、上手に使用すれば美肌作りの味方になってくるかもしれません。

使用するなら、製品の機能使い方を守る、体質状態を考慮しましょう。


⇒リスクなく黒ずみをケアするにはこちら

 

押し出すことなく毛穴をきれいにするには?

最小限ダメージで、毛穴きれいにするにはどうしたら良いのでしょうか。

スキンケアのポイントは2つです。

  1. 洗顔
  2. 保湿

 

シンプルですが、肌に優しく毛穴をきれいにするには重要です。

黒ずみは、酸化した角栓です。

角栓は皮脂3割、角質(たんぱく質)7割でできています。

ふつうの洗顔では、角質(たんぱく質)汚れまでは落としきれません。

 

すぐに効果は現れませんが、ターンオーバー回復していけば、黒ずみ押し出す働きも回復し、たんぱく質汚れも少しずつ解消されるでしょう。

 

洗顔で黒ずみケア

洗顔前の準備(毛穴を開く)

蒸しタオルで鼻を温めて、毛穴を開いた状態にし、汚れ落としやすくする準備をします。

湯船で温まるのも良いでしょう。

 

クレンジング

指がこすらず、なめらかに動かせる量のクレンジング剤で、顔全体優しく滑らせます。

クレンジング剤は、肌の刺激が大きいので、短い時間でさっと終わらせます。

メイクや日焼け止めを塗った日は、普通の石けんでは落とせません。

必ずクレンジング剤を使いましょう。

 

洗顔

ホコリなどの汚れ皮脂・残ったクレンジング剤落とすために行います。

立体的でボリューム感がある泡が理想です。

直接、を顔につけずに、泡を動かして優しく洗います。

泡を流す時は、ぬるま湯で優しく、洗い残しがないように丁寧に流しましょう。

 

たんぱく質汚れには酵素洗顔も有効

酵素の働きで、たんぱく質汚れを落としやすくしてくれます。

洗浄力強いので、使用は1度にとどめましょう。

 

保湿で毛穴ケア

洗顔あとは、必ず保湿しましょう。

乾燥は、毛穴の広がりを助長します。

保水効果の高い化粧水がおすすめです。

保水力がアップすると毛穴縮小効果が期待できます。

 

収れん作用のある化粧水

毛穴を引き締めるために、収れん作用のある化粧水があります。

成分はビタミンC誘導体や、アルコールタンニンカテキンなどです。

これらは、汗や皮脂のコントロールしたいときなど、一時的に利用するのはメリットがあります。

 

ですが、肌のたんぱく質やセラミドに作用して縮めるので、刺激が強いのがデメリットです。

乾燥肌を招く場合もあり、長期的な使用には向いていません。

 

どうしてもすぐに黒ずみを何とかしたい!

黒ずみを極力負担の少ない方法で押し出す

肌に負担がかかりますから、どうしようもないとき限定です。

  1. 蒸しタオルオイル毛穴ゆるませる
  2. 清潔コットン乗せて、気になる場所をコットンの上から指で押しだす

注意:鼻が赤くなると力の入れすぎです。

 

エステ・皮膚科で黒ずみをケア

セルフケアで難しい場合は、エステ皮膚科を利用しましょう。

自分では出来ない、専門的な施術でケアしてくれるでしょう。

中には、黒ずみを押し出す施術もありますが、アフターケアが整っているのでセルフケアより安心です。

 

エステや皮膚科を利用する場合は、金額デメリットなどを確認してから施術を受けましょう。

気になることは、遠慮なく相談しましょう。


⇒お手軽に黒ずみをケアするにはこちら

 

生活習慣から肌の黒ずみを押し出す力を強化

黒ずみを押し出すことなく、きれいにするには生活習慣大切です。

 

黒ずみ押し出す力をアップする栄養素

  • ビタミンC・B群ビオチン:コラーゲン生成を助ける、抗酸化作用
  • ローヤルゼリー:皮脂の分泌をコントロール
  • ビタミンA:ターンオーバーを助ける

 

ピックアップした成分だけではなく、様々栄養素摂取することが望ましいです。

サプリメントなども活用して、まんべんなく栄養素摂りましょう。

 

毛穴や黒ずみ対策にも睡眠が重要

睡眠時間は、大切な体のメンテナンスタイムです。

午後10時~午前2時の間は、熟睡するのが効果的ですが、大半の方は難しいでしょう。

ですから、昨日より15分早く、明日は20分早く、と美しい毛穴のためにましょう!

 

まとめ

毛穴黒ずみを物理的に押し出すことで、一網打尽にするのは簡単ですが、リスク大きすぎます。

老化や生活習慣で、そのリスクは、さらに大きくなることも考えられます。

黒ずみを押し出すなら、自分の肌の力で押し出す基盤を作り、鏡の前でにっこり笑える鼻になりましょう。


⇒リスクなく黒ずみをケアするにはこちら

 

関連記事