【要注意】小鼻の黒ずみ対策?オロナインパックは毛穴のダメージが心配!

680%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a7%e9%a1%94%e3%82%92%e9%9a%a0%e3%81%99%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

オロナインパックで、小鼻の黒ずみが解決できると話題になっています。

スッキリ取れるのは事実のようですが、肌への影響はどうなのでしょう?

オロナインパックを、やってみようと考えている方や現在実践中の方も、考えてみる機会にしてくださいね。

オロナインパックで小鼻の黒ずみをスッキリ除去

%e6%a3%ae%e3%81%ae%e5%a5%a5%e3%81%ab%e4%bd%95%e3%81%8b%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%9f%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90%e7%b8%ae%e5%b0%8f

オロナインパックの基本的なやり方は以下のような方法です。

  • 蒸しタオルなどで温めて、小鼻の毛穴を開かせます。
  • 充分に温めたらオロナインをたっぷり鼻全体に塗り10~15分放置。
  • ぬるま湯か洗顔料でオロナインを落とし、はがすタイプの毛穴パックを貼ります。

この後、毛穴パックをはがすと見事なほど小鼻の黒ずみが取れます。

このままだと、毛穴が開きっぱなしなので、小鼻の毛穴を引き締めるために冷水で顔を洗ったり、収れん作用のある化粧水でケアするのが良いようです。

オロナインで小鼻の黒ずみはどうして取れる?

680%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b%e6%8c%87%e8%bc%aa%e3%81%ae%e5%a5%b3%e6%80%a7

本来オロナインは、傷やニキビなどを治すための軟膏です。

それが、なぜ小鼻の黒ずみを取るパックとして、効果があるのでしょうか。

その理由は「自己乳化型ステアリン酸グリセリル」という成分が関係しています。

これは、界面活性剤の一つで乳化の役割をします。

乳化作用によって、小鼻の黒ずみなどの毛穴の汚れを取れやすくして、毛穴パックのW効果で、毛穴の黒ずみや汚れを一網打尽にしているのです。

良いことづくしに思えるオロナインパックですが、実践するには心配な点もいくつかあります。

実は危険?!オロナインパックの肌への影響

680%e9%80%86%e5%85%89%e3%81%a7%e9%a0%ad%e3%81%ab%e6%89%8b%e3%82%92%e3%82%84%e3%82%8b%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

小鼻の皮が剥がれる

小鼻の黒ずみの除去に、最適と思われるオロナインパックですが、鼻パックとの併用で肌への負担が大きくなります。

鼻パックを使用したとき、皮がむけて鼻がヒリヒリしてしまったことはありませんか?

このヒリヒリ、肌にとっては大きなダメージなのです!

鼻パックによって、むけてしまった皮は、大切な役目があります。

肌の水分の蒸発を防ぎ、異物が肌から侵入するのを防ぐといった役目があります。

ですから、オロナインパックを繰り返し行っていると、その度に皮がむけてしまい乾燥肌や肌が弱くなる原因になります。

常在菌を殺菌

オロナインは本来、難航ですから殺菌・抗菌作用が配合されています。

健康な肌には、常在菌と呼ばれる美肌に貢献してくれる菌が、常に存在しています。

オロナインは、その常在菌まで殺菌してしまい、肌トラブルにつながることがあります。

小鼻の黒ずみ除去後の毛穴の状態

最もケアが難しいのが、オロナインパックをしたあとの毛穴のケアです。

オロナインパックをすると、小鼻の黒ずみは隅々まで取れます。

ですが、黒ずみが取れた後の毛穴は、大きな穴がポッカリ開いている状態で、ちゃんと毛穴を閉じてあげないといけません。

毛穴を閉じないでいると、開いたままの毛穴に汚れがたまり、元のプツプツとした黒ずみの目立つ小鼻に戻ってしまいます。

オロナインパックが毛穴にダメージ

680%e3%82%81%e3%81%9d%e3%82%81%e3%81%9d%e6%b3%a3%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e6%82%b2%e3%81%97%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%aa%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

実は、毛穴は皮脂が分泌される時に開きます。

保湿の役目をしていた皮が、むけて乾燥しやすい肌になると、乾燥を防ぐために過剰に皮脂が分泌されます。

オロナインパックは、即効性があり毛穴の黒ずみ除去には効果バツグンですが、

皮がむける→乾燥→皮脂の過剰分泌→毛穴全開→汚れがたまる→毛穴が拡大

という悪循環になる可能性があるのです。

また、毛穴は強い刺激を受け続けると、メラニン色素が肌を守ろうと活性化し色素沈着を起こす原因にもなります。

メラニン色素の働きは、紫外線を浴びたとき以外の刺激からも、肌を守ろうと活発になってしまいます。

メラニン色素による色素沈着はシミと同じです。

シミを消すのがとても大変なのは、よくお分かりだと思います。

小鼻の黒ずみに、オロナインパックは即効性がありますが、肌の将来を考えるとあまりおすすめできるものではないようです。

では、どのように小鼻の黒ずみに対処したら良いのでしょうか?

小鼻の黒ずみは保湿と洗顔で解消

680%e9%99%bd%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%a7%e4%bc%b8%e3%81%b3%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

そもそも、この悩ましい小鼻の黒ずみの正体は、皮脂、古い角質やその他の汚れ、いわゆる「角栓」が酸化して変色したものです。

そして、黒ずみを作ってしまう原因は「乾燥」と「不十分な洗顔」です。

肌が乾燥すると、肌を守るために皮脂を分泌するために毛穴が開き、角栓が出来やすくなります。

その上で、きれいに洗顔が出来ていないと角栓が酸化して黒ずみになってしまいます。

ですから、大切なのは「保湿」。

そして、汚れをきちんと洗い流す「洗顔」です。

しっかり汚れを落とす方法

680%e9%99%bd%e3%81%a0%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%a7%e5%b8%bd%e5%ad%90%e3%81%ab%e6%89%8b%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%a6%e3%82%8b%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

しっかり汚れを落とすとは言っても、1日に何度も洗顔をするのはNGです。

皮膚に必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。

ポイントは、肌に極力負担をかけずに、汚れだけをしっかり落とすことです。

おすすめは泡で洗う「泡洗顔」です。

泡洗顔の方法

  • 洗顔料をよく泡立てます。泡立てネットを使って泡立てるのも良い方法です。
  • もこもこの泡が出来たら、皮脂や汚れが多いTゾーン部分から「泡」で優しく洗います。
  • 次に頬、目、口の順で洗います。これらはデリケートなので更に優しく洗いましょう。
  • 32~35℃のぬるま湯で手で20~30回ほどすすぎます。
  • 最後に清潔なタオルで擦らず、優しく水を拭き取ります。

とにかく肌には優しく接してあげましょう。

また、朝の洗顔は冷たすぎない水だけですませてOKです。

朝も洗顔料で顔を洗ってきた方は、不安かもしれませんが、ホコリなどの汚れは水だけで落とせるので洗顔料を使う必要は特にありません。

そして、次に大切なのが「保湿」です。

保湿の方法をおさらい

680%e8%a6%8b%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%82%8b%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

毎日のことですから、今さら化粧水やクリームのつけ方なんて、とお思いかもしれません。

ですが、この機会におさらいしておきましょう。

化粧水、クリームのつけ方

  • 洗顔後、まず化粧水を手のひらにたらし、すこし温め肌につけます。
  • 化粧水は肌につけて優しく2~3回ハンドプレスします。

ハンドプレスで、化粧水が肌によく浸透し、保湿力がアップします。

  • 美容液を使用するときは、化粧水の後につけます。

クリームは油分が多いので、水性の美容液は油分で弾かれて肌に浸透しづらくなります。

  • 最後にクリームをつけます。

乳液を使っている方もいると思います。

クリームと乳液との違いは油分の違いです。

乾燥を改善するなら、クリームをおすすめします。

まとめ

保湿も洗顔も基本的なケアですが、目的は正常なターンオーバーを促してあげることです。

オロナインパックは、小鼻の黒ずみには効果的ですが、一時的なもので根本的な解決にはなりません。

また、オロナインは軟膏なので、本来の使用方法とは違います。

保湿と洗顔で健康な肌になるには、時間がかかりますが美肌は1日にしてならず!

どんなに、良い洗顔料やクリームを使用しても、基本はやはり大切ですね。

 

オロナイン公式サイト

関連記事