更年期障害で汗だく!?治す薬や予防法をご紹介!汗だく対策しましょう!

最近、気温も上がってきたので、汗がかきやすい季節になりましたね。

とはいえ、あなたも次の症状に悩んでいませんか?

  • 朝、寝間着が湿るほど汗だくで目を覚ます
  • さほど暑くもないのに、顔がほてったりする

それは、もしかしたら暑さのせいではなく、「更年期障害」の始まりかもしれません。

 

更年期で、大量の汗に悩む方のためのサプリメントが、「ノムダス」です!

詳しく知りたい方は、下記のページをチェックしてみてください!

 

こんな症状ありませんか?

  • 少し動いただけで、汗だくになる
  • 時間帯問わず、体が火照り、汗をかく
  • 顔がカーッと暑くなり、額から汗が流れ落ちる
  • 上半身はカッカと暑いのに、下半身は冷えている
  • 寝ている間に大量の汗をかいている
  • 汗だくになるので、1日に何回か着替えることがある
  • ストレスを感じてイライラすると、汗をたくさんかく
  • 首や胸、背中や頭から汗が流れる

これは、更年期障害のホットフラッシュという症状の一部です。

女性ならば、いつの日か自分にも更年期障害が来るかも…

と、予期して生きてきたとは思いますが、実際にこんな症状が出て来ると困りますよね。

 

更年期障害は病気ではありませんが、日常生活に支障をきたすので、症状が重い時は医療機関に相談した方が、快適に過ごせます。

そもそも、更年期障害とはどういうメカニズムで起こるのでしょうか。

 

更年期障害はどうして起こるの?

のぼせたり、ほてったり、汗だくになるほど大量に汗をかいたりするという代表的な症状のある更年期障害。

それは、閉経前2〜10年前の女性4〜7割に起こると言われています。

期間は人によって様々ですが、長い人は10年間も症状が続く人もいるようです。

更年期障害が起こる原因は、女性ホルモンの現象です。

 

エストロゲンが減る

加齢により、卵巣機能が低下してくると、女性ホルモンの一つである、エストロゲンが減少します。

エストロゲンは、「卵胞ホルモン」とも言われていて、それまでは卵巣で卵子を成熟させて、排卵させる働きがありました。

しかし、その機能もそろそろ要らなくなる頃になると、卵巣機能が低下してエストロゲンを分泌しなくなってしまうのです。

 

自律神経のバランスが崩れる

今まで分泌されていたエストロゲンが減ると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

自律神経とは、体の機能を調節する神経です。

人が意識しないでやっている、呼吸、心臓、消化吸収などの働きは自律神経によってコントロールされています。

その自律神経のバランスがくずれ、血管の拡張や収縮のコントロールが不能になったことで、暑くないのに汗だくになってしまうなどの、更年期障害の症状が起こると言われています。

なので、更年期障害のような症状が出てきたら、閉経も近いと心づもりができますね。

では、更年期障害は、寝ている間に汗だくになったり、顔がほてったりする以外にはどんな症状があるのでしょうか。

 

更年期障害は汗だくになるだけ?

更年期障害の症状は、体がカーッと暑くなったり、少し動いただけで汗だくになったりするホットフラッシュだけではなく、他にも症状があります

  • 眠れない
  • 疲れやすい、倦怠感
  • 肩こり、首こり、背中こりなど
  • めまい
  • 動機
  • イライラする
  • 落ち込む、何もする気がしない

などの症状がよく報告されています。

どの症状も、生活に支障がなければそのままにしていて良いのですが、生活に支障が出るようならば、医療機関の受診をお勧めします。

 

更年期障害を治す薬

顔がカーッと熱くなって汗が額から流れる、などの症状が気にならない程度なら、治療は必要ありません。

だんだんに落ち着いてきます。

しかし、会社に着くまでに歩くと汗だくになるなど、生活に支障が出る場合は、婦人科を受診しましょう。

 

ホルモン充填治療

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が、減少することによって起こる更年期障害を治療するために、女性ホルモンで補う治療がされています。

低用量ピルなど毎日飲むものや、期間限定で飲むホルモン剤を処方してもらいましょう。

ただし、ホルモン剤は、血栓やその他の病気を引き起こす可能性があるので、指示通りに服薬することや、定期的に受診することが必要になってきます。

 

漢方薬治療

東洋医学でも、ホルモンバランスを整えることは重要なことの一つです。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などの漢方薬を、ホルモンバランスを整えるために処方してもらいましょう。

漢方薬は、穏やかに効果が現れるので、根気よく服薬した方が良いですね。

 

熱くて汗だく!更年期障害を乗り切るために

では、実際にホットフラッシュが起こって汗だくになってしまった!

そんな時のために、どんな対応をしたら良いか見てみましょう。

 

行動編

ひとつ目は、日常的に運動をして、汗腺を休ませないことです。

全身の汗腺を活発にしておき、部分的に汗だくになることを予防します。

ふたつ目は、ゆっくり入浴して血行を良くしておくことです。

普段から血行を良くしておくことは、健康にも良いですし、汗腺を刺激することもできます。

体を温めることは、いつでも大切ですし、副交感神経を刺激してリラックスもできます。

そして、カーッと熱くなってきたら首の後ろの血管を冷やすと、症状が落ち着いてきます。

タオルを冷やしたり、保冷剤を携帯したりしておくと便利です。

 

持ち物編

まず、身に付けるものを気をつけます。

下着は、汗を吸いやすく、乾きやすいものを選びましょう。

ミントの香りをつけておくと、ニオイ対策にもなります。

また、汗だくになってしまった、火照ってきたなどの時のために、扇子やウエットティッシュ、デオドラントシートを持ち歩きましょう。

汗腺を塞がない、制汗スプレーもあると良いですね。

そして、汗パッドをいくつか用意して、必要に応じて使いましょう。

使い捨てのものや、縫い付けのものなど種類があるので、自分にあったものを選びます。

汗だくになった時、脇汗が洋服から目立つと一番恥ずかしいですよね。

 

食べ物編

女性ホルモンを補う目的で、大豆イソフラボンが含まれた食品を食べましょう。

豆乳、豆腐、納豆、乾燥豆、大豆の煮物などを摂取するようにしましょう。

また、糖質の多いものは控えます。

糖分を摂りすぎると、自律神経が機能するためのビタミン類が、糖の消化吸収に回されてしまいます。

1日3回のご飯程度はいいので、甘いものなど嗜好品を減らすと良いでしょう。

そして、水分をこまめにたくさん摂りましょう。

 

サプリメント

更年期で、大量の汗に悩む方のためのサプリメントが、「ノムダス」です!

詳しく知りたい方は、下記のページをチェックしてみてください!

 

更年期障害の予防法

加齢によって、汗もだんだんかかなくなってきます。

意識的に運動したり、下半身浴など入浴を工夫して、普段から「汗だく」になる習慣を作っておきましょう。

そうすると、汗腺が活発になり、自律神経を整える助けになります。

 

更年期障害は、老化の一種なので、予防は難しいかもしれません。

しかし、規則正しい生活リズムと適切な運動、適切な食事をしたら症状は軽くなったという人もいます。

体の不調は、生活を改善した方が良いというサインですが、サインが出る前に生活を見直してみては如何でしょうか。

 

注意!更年期障害と間違えやすい病気もあります

顔が火照る、のぼせたようだ、めまいが出る、汗だくで目がさめる…

など、ホットフラッシュの症状ですが、まれに他の病気の可能性もあるようです。

  • 甲状腺の病気
  • 糖尿病
  • パーキンソン病

更年期障害だからと、放っておこうと思わず、心配であれば医療機関を受診してください。

 

まとめ

如何でしたか。

私たち女性なら、一度は心配したことがある「更年期障害」は、いつかは通る道です。

今から予防を心がけておきたいものですね。

 

更年期で、大量の汗に悩む方のためのサプリメントが、「ノムダス」です!

詳しく知りたい方は、下記のページをチェックしてみてください!

関連記事