更年期障害の寝込むような辛い症状を、スッキリ改善する予防と対策はこれ!

更年期障害で、寝込む女性は少なくないようです。

でも症状は、人によって千差万別。

寝込むほどひどい人もいれば、気づかない人もいます。

更年期障害の原因を知って、軽く過ごすための対策を立てましょう。

更年期障害は、早い対策が最良の治療です。

 

更年期障害で悩む人のためのサプリメントが「ノムダス」です。

詳しく知りたい方は、下記のページをチェックしてみてください!

 

更年期障害は病気?

更年期に、体調不良を起こした女性の約30%が、更年期障害と診断されます。

更年期障害は、複雑な幾つもの症状が重なって、寝込むケースも多い病気なのです。

卵巣の働きが衰えると、女性ホルモンの分泌が減少し、やがて機能が停止して女性ホルモンが欠乏した状態になります。

更年期とは、この変化に体が慣れるまでの期間のことです。

閉経後は、今まで女性ホルモンによって数々のサポートを受けていた体や心が、平均寿命までの約30年という長い期間を、女性ホルモンの恩恵なしに過ごしていくことになります。

 

人によって更年期障害の症状が違う原因

女性ホルモンの減少

女性ホルモン減少スピードは、個人差が大きいといわれています。

減少のペースがゆっくりであれば身体が徐々に慣れていけるので、更年期障害の症状はそれほど感じません。

スピード急激な女性ほど、更年期障害の症状も寝込むほど重くなるようです。

無理なダイエットを繰り返していたり、不規則生活食事を続けていたという経験も、更年期を迎えた時のホルモンバランスに響いてきます。

 

自律神経の乱れ

自律神経は無意識のうちに、呼吸、血圧、体温維持、内臓の機能を維持してくれる神経です。

エストロゲンの減少はこの自律神経のバランスを乱してしまうので、症状のひどい人体全体に影響を受けて、寝込んでしまうのです。

自律神経は、ストレスによってもバランスを崩します。

更年期障害を我慢して無理を続けていたり、仕事や家庭で心配ごとがあると、さらにストレスを大きくしてしまいます。

 

症状が軽い女性と寝込む女性

更年期障害が軽い女性の特徴

  1. 趣味に打ち込んでいたり、日常に充実感を持っている
  2. よく笑うなど、明るく生活するように心がけている
  3. 物事を、前向きに捉える

 

更年期障害で寝込む女性の特徴

  1. 一人で悩み抱え込むタイプ
  2. 生活不規則になりがち
  3. 散歩などの、適度な運動習慣がない
  4. 几帳面で責任感が強く、ストレス弱い

 

更年期障害が始まる時期にも違いが

身体的な症状から精神的な症状まで、多くの症状を引き起こすといわれる更年期障害。

身体と心の症状は繋がりが深く、どちらか一方が不調になると、もう一方もバランスを崩してしまいます。

これには個人差も大きいのですが、30代後半から卵巣機能衰えてきて、更年期障害のような状態になる人もいます。

ストレスで自律神経が影響を受け、ホルモンのバランスが崩れて、20代から更年期障害の症状があらわれるプレ更年期も見られます。

 

閉経すれば更年期は終わる?

寝込むような更年期障害も、閉経するまでの辛抱だと思っている女性が少なくないようです。

残念ですが、閉経しても更年期は終わりません

更年期は閉経を挟んだ前後5年間ですから、合計すれば10年間です。

日本人女性の閉経の平均年齢は50歳くらいですから、その前後の45歳から55歳までが、一般的に更年期とされています。

閉経を挟んだ10年という長期に渡って、人によっては寝込むほどの更年期障害に悩まされることになります。

更年期は閉経を挟んで前期と後期に分けられ、閉経前と後で症状に違いが見られます。

更年期障害は、後期の方が症状が重いといわれていて、寝込むような更年期障害も後期に多く見られます。

 

更年期障害の前期の主な症状

女性ホルモンの分泌量が減少し始める閉経前は、生理不順はもちろん、自律神経の影響を受けて心的な乱れが多くなります。

脳の視床下部から卵巣に出される「女性ホルモンの分泌」の指示が、自律神経を乱す原因です。

うつのような落ち込みやイライラホットフラッシュも、同様に自律神経から起こる症状です。

 

更年期障害の後期の症状

閉経後は前期の不調に加えて、不眠めまい動悸関節痛などの体の不調が多くなります。

今まで受けていた女性ホルモンの恩恵がなくなるので、生活習慣病なども急増します。

更年期の後期の方がさらに症状が増えるので、更年期障害で寝込む原因となっています。

更年期障害の症状が長く続く時は、他の病気併発している心配もあるので医師に相談しましょう。

 

寝込むほどの更年期障害を改善する対策

医療機関で診察を受ける

症状が辛いときは、診察受けましょう。

一人で抱え込まないで、相談相手を作ることが気持ちを前向きにしてくれます。

病気と診断してもらうことで、更年期障害の辛さや寝込むことが、周りから理解されやすくなります。

 

ストレスの発散方法を見つける

楽しみを見つけることは、毎日の生活を明るくしてくれます。

お風呂・温泉・音楽など、何か趣味持つことはストレスの解消にも効果的です。

 

自律神経を整える

朝日を浴びると、自律神経を整える働きがあるセロトニンが分泌されます。

不眠にも効果があるので、熟睡するためにも朝日を浴びる習慣は大切です。

自律神経を調整する、ビタミンB類を摂取することもおすすめです。

 

ホルモンの分泌を助ける

夜間の熟睡は、ホルモンの分泌を促します。

ビタミンE亜鉛の摂取も、効果があります。

エストロゲンと似た作用があるといわれる、インフラボンを含む豆腐や納豆、味噌なども、意識的に取り入れるようにしましょう。

適度な運動で基礎体力をつける

適度な運動で作られる基礎体力免疫力は、更年期障害だけでなく、加齢と共に増えてくるさまざまな病気への抵抗力をつけてくれます。

有酸素運動は、自律神経を整える効果も高いといわれています。

寝込むような更年期障害を防ぐためにも、適度な量を習慣にして毎日続けるようにしましょう。

 

サプリでお手軽に更年期障害の対策をする!

医療機関で診察を受けたり、食事や運動に気をつかったりすることが、面倒もいると思います。

そのような方は、更年期障害の対策サプリメントお手軽にしましょう!

ご紹介するサプリは、テレビでも紹介されて大人気の「ノムダス」です。

ノムダスは、お客様満足度がなんと95%だそうです!

それから、漢方系なので副作用の心配が少なく安心して飲めますね。

気になった方は、が購入前に調べて実際飲んだ記事がありますので、見てみてください!

まとめ

寝込むような更年期障害でも、永遠に続くわけではありません。

しかし、更年期の10年間にきちんとした食生活や生活習慣を心がけていなければ、その後の健康に大きな影響が出てきます。

バランスを保ちながら、穏やかで健やかな日常を意識することが、更年期障害で寝込まないコツのようです。

 

関連記事