【妊娠線や肉割れ】あきらめないで!消せる専用クリームがあるから!

680%e5%8f%b3%e5%90%91%e3%81%8d%e3%81%ae%e7%a5%88%e3%82%8b%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

妊娠線や肉割れなんて関係ないと思っていたのに、断裂痕を発見した時はガックリですよね。

妊娠線や肉割れは、気づかないうちにできています。

あなたも、そんな経験ありませんか?

いつまでもキレイな体でいるために、予防はもちろん、消せるクリームは必須アイテムです!

 

妊娠線と肉割れの違い

680%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e8%89%b2%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%a6%8a%e5%a9%a6

真皮や皮下組織が断裂したことで、肌にあらわれた断裂痕を総称して肉割れというのですが、妊娠が原因で起こった肉割れの断裂痕は、特に妊娠線と呼ばれています。

急激な皮膚の伸びについていけなくなった真皮や皮下組織が、避けてしまったというプロセスに違いはなく、両方とも同じ断裂の結果なのです。

 

妊娠線の原因

680%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%92%e7%9d%80%e3%81%9f%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%81%a8%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

妊娠時には急激にお腹が大きくなり、皮膚は引き伸ばされていきますが、皮膚の下にある真皮や皮下組織はついていけません。

ついていけない真皮や皮下組織は裂けて赤紫色の筋の痕を作り、これが消えずに残ってしまいます。これが妊娠線です。

また妊娠中は普段とは違い、コルチコステロイドホルモンというホルモンが体内で大量に分泌されています。

このホルモンは肌のターンオーバーを抑制し、代謝の能力も抑えてしまいます。

妊娠時の肌は弾力を失った弱い状態になっていて、普段よりもデリケートで傷つきやすいのです。

 

肉割れの原因

680%e5%a4%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%ac%e3%83%ab%e5%a5%b3%e6%80%a7

肉割れは、妊娠時ほど体重の増加はないにしても、やはり急に脂肪がついて太った時に起こります。

スポーツ等をして、急激に筋肉がついて皮膚が伸びた時も、真皮や皮下組織が影響を受けると妊娠の場合と同じように断裂痕ができてしまいます。

激しいスポーツを始めた時、ダイエットとリバウンドを繰り返して体の膨張と収縮が繰り返された時などに多く見られます。

 

妊娠線や肉割れの消し方

680%e3%81%8a%e8%85%b9%e3%82%92%e6%94%af%e3%81%88%e3%82%8b%e5%a6%8a%e5%a9%a6

一度できてしまうと、消すことが難しいと言われていた妊娠線や肉割れですが、最近では様子が違います。

日進月歩で、バイオ化学や医療が進み、キレイに消すこともできるようになりました。

美容外科でのレーザー治療が効果があるとされていますが、1度の治療で消すことは不可能です。

何度も通院することが必要になってきますから、高額な費用を覚悟しなければなりません。

お財布に優しい消し方なら、消す専用クリームを自分で塗りこんで、保湿と代謝を促進させる方法がおすすめです。

消す専用クリームなら、妊娠線や肉割れを予防もできる点が大きなメリットです。

妊娠もダイエットもスポーツも、常に乾燥からお肌を守って保湿対策が十分にできていれば、妊娠線も肉割れも起こりにくいといわれています。

専用クリームで優しくマッサージすることで新陳代謝も高まり、できてしまった妊娠線や肉割れを消し、さらに作らない予防効果も上がります。

 

妊娠線や肉割れを消すクリームとは

680%e7%99%bd%e7%b4%99%e3%81%ab%ef%bc%81%ef%bc%9f%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

妊娠線や肉割れをキレイに消すためには普段使っている保湿クリームとは違い、アラントインやシラノール誘導体、葉酸などの皮膚を修復してくれる優れた成分が含まれていることが必要です。

もちろん美容成分が配合され、お腹の赤ちゃんや肌に害のない、良質な製品であることは言うまでもありません。

これらの有効成分が配合された「肉割れや妊娠線を消すための専用クリーム」を、使用された方の口コミランキングからご紹介します。

 

マタニティクリーム -AFC-

マタニティ製品で実績のあるAFC社と日本予防医学研究所の共同開発で誕生しました。

価格が2,800円+税(送料無料)とリーズナブルなのに葉酸配合、無添加、国産品で、妊娠線予防だけではなく、妊娠線を消す作用にも優れている妊娠線クリームです。

⇒公式サイトはこちら

 

ベルタマザークリーム

妊活グッズに定評のあるBELTA社がつくった、美肌ケアもできる妊娠線クリームです。

出産経験のあるBELTA社員スタッフが、こだわりを持って商品開発をしています。

シラノール誘導体と葉酸を配合しているので、予防も妊娠線を消すことも期待できます。

定期便だと初回特別価格500円(税抜)で、はじめられます。

⇒公式サイトはこちら

 

ノコア アフタートリートメントクリーム

ネット通販での評価が高い、妊娠線を消すクリームです。

天然由来の素材を中心につくられ、添加物8種を一切配合していないので、敏感肌の方でも使えます。

出産や成長期、ダイエットの時期にできてしまった妊娠線・肉割れ線のアフターケアを目的として開発されたボディクリームです。

他のクリームに比べて高価格ですが、界面活性剤を使用せずに最新の高浸透型ビタミンC誘導体を配合した、成分や品質を重視したボディクリームです。

⇒公式サイトはこちら

 

ママケアクリーム

ママとベビーにやさしい8つの無添加と、つわりの時期でも使える無香料が人気です。

妊娠中のママとお腹の赤ちゃんのために作られた、妊娠線を消すクリームです。

トクトクコースだと初回実質無料(送料税込500円のみ負担)ではじめられます!

ママケアクリームは後発の商品なので、シラノール誘導体の他、アクアスピード、EGF・HGF、葉酸・APPSを独自配合し、しっかりと効果が出る成分が入っています!

⇒公式サイトはこちら

 

センクリアホワイト

リピート率が8割以上という、妊娠線を消すのはもちろん、ホホバオイルやごま油などの天然由来の素材が中心のボディケアとしても使えるクリームです。

完全な国産の製品で添加物も含まれていません。

 

参考サイト:妊娠線や肉割れを消すおすすめのクリーム

 

妊娠線や肉割れの予防法

%e6%b5%b7%e3%81%ab%e8%90%bd%e3%81%a1%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%8f%e5%a4%95%e9%99%bd%e3%81%ab%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%89%8b%e3%82%92%e3%81%8b%e3%81%96%e3%81%99%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

妊娠線も肉割れも、作らないための予防には保湿対策と新陳代謝をあげることの2点しかありません。

真皮や皮下組織を乾燥と断裂から保護するためには、ここを常に十分な潤いで満たすことが最も重要です。

良質な消すクリームを選んでマッサージするように浸透させて、真皮や皮下組織を潤わせ新陳代謝を促進させましょう。

妊娠線や肉割れを消すクリームを使い始める時期

妊娠線や肉割れの対策は、脂肪や筋肉がついたりお腹が大きくなってからでしょうか?

少しでもお腹が大きくなってきたら、もう妊娠線や肉割れはできあがってしまっていることの方が多いのです。

皮膚が伸びる前に、予防の対策をしておきましょう。

1日1回の予防クリームを塗る習慣をつけておけば、急にお腹が大きくなっても太っても、手当てができているので安心です。

クリームはお風呂上りにぬるのが、保湿の基本です。

温まった体にクリームを塗るのは、浸透も新陳代謝を高めるためにも良いのです。

後悔する前に、早めの予防が大切です。

妊娠線を消すクリームは塗る回数がポイント

特に妊娠線は肉割れの予防とは違い、それほどお腹が大きくない初期はお風呂上がりの1回だけでも大丈夫かもしれませんが、徐々に回数を増やしていきましょう。

妊娠初期から中期までは朝と夕の1日2回、妊娠後期からは1日5回から6回が目安です。

お腹が大きくなるスピードには個人差がありますから、早く大きくなる妊婦さんは妊娠線も早くできてしまいます。

お腹の大きさに合わせて、早い時期から1日2回にすることをおすすめします。

臨月に近くなるとそれまでとは違い、1日とも言えなくなるほどのスピードでお腹は急激に大きくなり、1日2回の塗布ではお腹の急激な膨張に間に合わなくなります。

1日に5回から6回以上は塗って、丁寧な保湿を心がけましょう。

臨月は妊娠線との勝負の時

入院の準備や産後のことなどに気を取られがちですが、驚くほどお腹も急激に大きくなるのが臨月です。

今までの回数と量では、保湿も間に合わなくなります。

妊娠線の原因となる乾燥を防ぎ、常にお肌が潤っているように、クリームの量も2倍3倍と増やしましょう。

まさかの塗り忘れは、致命傷になりかねません。

3時間ごとに塗るのが、失敗をさける目安です。

 

YouTubeの動画も参考にしてみてください。

まとめ

【妊娠線と肉割れは防げて消せる】

毎日の暮らしにアクシデントはつきものですが、妊娠線や肉割れもそんなショックなものの一つですね。

取り返しのつかないことにならないようにしっかり予防して、できてしまったら専用クリームで、ストレスと一緒にキレイに消してしまいましょう。

関連記事