腸内フローラを整える食べ物【まとめ】

最近、ちまたでは腸内環境を正常な状態に保つための「腸活」が流行っているそうです。

その中でも重要キーワード「腸内フローラ」という言葉を耳にする人も増えてきたのではないでしょうか。

 

いつもの食事見直すだけで、腸内フローラ整えることができるのです。

ここでは、腸内フローラを整えるための食べ物について、紹介したいと思います。

 

⇒腸内フローラを整えるサプリはこちら

 

腸内フローラとは?

腸内フローラとは、簡単に説明すると腸内細菌集まりのことで、腸内のいろいろな菌が群れになって住んでいる様子を、お花畑(flore)にたとえて「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

腸活には、この腸内フローラ整えることが非常に大切で、具体的には善玉菌を活性化させ、悪玉菌よりも優位な状態に保つことが重要になります。

 

腸内フローラについては、こちらで詳しく説明しています。

 

腸内フローラを整える栄養素

まず、便秘が常習化している人は、悪玉菌のエサとなる肉類などのタンパク質や脂肪分が中心の食生活になっていることが一例として言われています。

このような食事環境を続けていると、悪玉菌もさらに増加し続け、便秘以上の身体上の悪化を引き起こす可能性もあります。

 

そこで、腸内フローラを整えていく上で重要になる栄養素は、キトサンなどの食物繊維やオリゴ糖です。

キトサンとは、カニを原料として作られる動物性食物繊維のことで、腸内環境改善をサポートしてくれる注目の成分です。

近年では、青汁などにも配合され、コレステロールの吸収を抑制する成分としても注目されています。

 

食物繊維

食物繊維は、不溶性のものと、水溶性のものがあります。

これらは、同じ食物繊維でも特徴が違い、不溶性のものはの動きを活発化させてくれる効果があり、排便をしやすくしてくれます。

 

食物繊維自体が善玉菌の餌になるので、便秘改善をしていきたいと考えている人にとって食物繊維は欠かすことができません。

 

オリゴ糖

オリゴ糖は、食物繊維よりもより善玉菌の餌になりやすいものであり、食物繊維を餌にすることができない善玉菌活性化させることができるので、できれば同時摂取することをオススメします。

 

腸内フローラを整えていく際、発酵食品もオススメです。

発酵食品は、もともと栄養価高いこともあり、栄養食品としても優秀です。

 

どんな食品があるのか

食物繊維を多く含む食品

不溶性食物繊維水溶性食物繊維に関しては、やはり野菜類が優れています。

不溶性食物繊維を含んでいる、代表的な野菜がごぼうです。

ごぼうは、不溶性食物繊維だけでなく、水溶性食物繊維も含んでいます。

それゆえに、非常に優秀な食材であることは間違いないでしょう。

きんぴらごぼうなどで、積極的摂取していきたい食材の1つです。

 

海藻類は、水溶性食物繊維を多く含んでいる代表的存在です。

海草は、わかめもずくなどがありますが、基本的にどのようなものでも一定量の水溶性食物繊維を含んでいます。

このほかにも、昆布や、なめこなど、味噌汁に相性の良い具材が、水溶性食物繊維を含んでいることになります。

 

オリゴ糖を多く含む食品

オリゴ糖を含んでいる食品として、オススメなのがバナナです。

バナナは、オリゴ糖をしっかりと含んでいるだけでなく、他にもさまざまな栄養素を含んでおり、便秘解消腸内フローラ整えていこうとする際に、とても役立ってくれます。

 

一緒に摂りたい発酵食品

発酵食品に関しては、納豆ヨーグルトは外すことはできません。

特にヨーグルトは、ビフィズス菌などを含んでいることも多くあり、手軽に食べられることから、非常に心強い存在になるでしょう。

また、上記で紹介したバナナとの相性よく、オリゴ糖との相性も良いため、非常に簡単に腸内フローラ改善食として食べていくことができます。

消化吸収がしやすいのもポイントであり、食物繊維だけでなく、ヨーグルトも一緒に摂取したいところです。

 

果物も非常にオススメ

野菜と同様に、果物もとてもオススメできます。

果物は、効率よく糖分を摂取できるだけでなく、非常に多くのビタミンミネラルを摂取していくことができます。

 

腸内フローラを改善していきたいからといって、食物繊維やオリゴ糖だけ食べていれば良いということではありません。

発酵食品を定期的に食べていれば、栄養不足になるということはあまりありませんが、それでも栄養の偏りが出てきてしまう可能性はあります。

 

栄養偏り改善する方法として、果物はとてもオススメできます。

食物繊維も、当然しっかりと摂取していくことができるので、野菜と合わせて積極的に食べていくと良いでしょう。

 

肉や、間食を食べ過ぎるという人は、その分を果物に変えていくだけで、腸内フローラにとってみれば、良い影響が増えていきます。

野菜と同じ様な、栄養素を期待していける果物は、おやつにピッタリと言えるでしょう。

 

サプリでもお手軽に

日中忙しい人にとっては、食品から摂取するというのは、面倒くさいと感じる人もいるかと思います。

そのような方々には、サプリメントオススメです。

中でも、今、成分として注目されている動物性食物繊維の「高分子キトサン」と「超低分子キトサンオリゴ糖」が配合されたサプリメントがオススメなのですが、なかなか見つけることができませんでした。

しかし、この記事を読んでいただいている方に朗報です!

時間がある時に探し続け、やっと最近両方配合されているサプリメントを見つけました。

カニから高分子」と呼ばれるサプリメントなのですが、業界でもトップクラスのキトサンとキトサンオリゴ糖を配合しており、質にもこだわっている商品とのことです。

自分自身、試してみようと思いますが、気になった方は、まず公式サイトに詳細がありますのでご覧ください。

手軽に続けていけるサプリメントなので、日々の健康管理をサポートしてくれますし、食物繊維とオリゴ糖を同時摂取したいという方にはオススメです。

⇒カニから高分子の公式サイトを見る

 

まとめ

食物繊維オリゴ糖は腸内フローラを整えていく上で基本中の基本栄養素です。

ごぼうをはじめ、野菜であれば、基本的に食物繊維はしっかりと摂取していけます。

ただ、食物繊維だけでは改善しない便秘もあるので、そのような時にはオリゴ糖を利用し、ヨーグルトバナナで積極的に摂取できるようにすると良いでしょう。

納豆などを間に挟んで、より善玉菌が活動しやすくしていくことも大切です。

どうしても、食品から摂取することが難しい方は、サプリメントを使用して腸内フローラを整えましょう。

腸内フローラ整えることは、健康にとって大変大事なことです。

さあ!一歩踏み出しましょう!

 

⇒腸内フローラを整えるサプリはこちら

 

関連記事