女性の薄毛は頭頂部から?! 女性の薄毛対策は早期発見が第一歩!

女性の髪は美人に不可欠!

スキンケアのついでに、いつも覗いている鏡で頭頂を見てみましょう。

少し薄くなった?と、思った方は今すぐ改善に乗り出しましょう。

女性の場合は髪もアクセサリーです。

薄毛対策と、改善方法で美人に磨きをかけましょう!

 

頭頂部の脱毛は女性に多い?男性の脱毛症との違い

女性の脱毛は、男性の脱毛症と少し理由が違います。

男性の薄毛になる場所は、生え際や頭頂部などです。

主な原因は男性ホルモンで、対策や改善が難しいといわれます。

女性が薄毛になる場合は、頭頂部の分け目から髪が薄くなっていく「びまん性脱毛症」が大半です。

びまん性脱毛症の原因は様々ですが、原因を知り対策することで改善しやすい脱毛症でもあるのです。

ですが、女性が薄毛になる、びまん性脱毛症の進行は気づきにくいのも特徴です。

ふだん自分の頭の上を見る機会は、あまりありませんよね。

もし、頭頂部分が薄毛になり始めても気づかず、対策を取れないまま毛髪全体が薄くなってから初めて気づく、ということが起こりやすいのです。

 

びまん性脱毛症が女性に多いのはどうして?

女性がびまん性脱毛症になる代表的な原因があります。

女性ホルモンの変動

髪の成長に女性ホルモンは関わっています。それが月経、出産、閉経、加齢といったタイミングで分泌量が変動すると、頭頂部の薄毛の原因になります。

ピルを服用していた方も、女性ホルモンの分泌量が通常と変わるため、薄毛や抜け毛などの症状が、一時的に出る場合があります。

また、女性ホルモンの分泌量は、生活の些細な出来事でも左右されます。

ストレス、食生活、睡眠、体の冷えなどは女性ホルモンが乱れる要因になります。

偏った食事

偏食、栄養不足、過食は薄毛を進行さ、血液の質を悪くして血行不良になります。

血行不良になると、栄養素が体に行き渡りません。

もちろん頭頂部の栄養素も減少し、薄毛に拍車がかかります。

ダイエットをしている方は、必要な栄養が不足していないか確認してみましょう。

・甘いものに注意!

お菓子や、飲料に含まれる糖分・脂肪の摂り過ぎも、血行不良を招きます。

普段からよくケーキや甘いものを食べる方は要注意です。

頻繁なヘアチェンジ、過剰なヘアケア

頻繁にカラーリングやパーマをかけると、薄毛の下地を作るようなものです。

施術で使用される溶剤は、一様に頭皮への刺激が強すぎます。

過剰なヘアケアも、頭頂部に負担をかけている場合があります。

薄毛対策や髪の健康のためと、洗髪を1日に2回以上、反対に数日に1回という方は頭皮の脂質不足、または過剰な状態にあります。

頭頂部も含めて、これらは薄毛の原因になります。

遺伝

最近になり、女性でも遺伝による薄毛の症状があると分かってきました。

ですが、遺伝的要因があっても、それが頭頂部に強く現れる場合もあれば、現れない場合もあります。

大切なのは上記のような、頭頂部の薄毛を誘発する原因を作らないことが一番の対策です。

こうして、びまん性脱毛症の原因を見てみると、女性の日常的な行動や、女性特有の理由によるものが多いことが分かります。

加齢や遺伝など、どのように対策したら良いのか悩む原因もあります。

ですが、対策をすることで、頭頂部の薄毛改善の可能性は大きくなります。

 

びまん性脱毛症の原因対策でふんわり髪美人に!

びまん性脱毛症の主な原因は、女性ホルモンの変動、食生活、頻繁なヘアチェンジと過剰なヘアケアでした。

もし、原因が複数あったとしても、一つずつ対策を行いながら改善していきましょう。

無理をせず、継続して行うことが改善への早道です。

では、どのような対策で改善できるのでしょうか?

女性ホルモンを安定させて改善

女性ホルモンが安定すると、頭頂部の薄毛の改善が期待できます。

・病院へ行く

婦人科系の症状やピルの服用などで、頭頂部が薄毛になっている場合は、一度病院で相談するのもおすすめです。

病院で診察を受けることで、的確なアドバイスや改善の方針が立てられます。

他にも、病院に行くメリットは、脱毛が他の病気が原因で起こっている可能性も調べられることです。

膠原病、甲状腺の異常、糖尿病なども脱毛の症状が現れる病気です。

・日常生活の改善

ストレス、食生活、睡眠、体の冷えも改善のキーポイントです。

冷え改善のために運動する、最低睡眠時間の確保、適度にストレスを発散するなど、頭頂部に優しい生活を心がけてみましょう。

食生活

できるだけ栄養バランスを意識しましょう。

女性ホルモンや毛量の改善に役立つ食材もあります。

食事に意識して取り入れてみましょう。

  • 大豆製品:女性ホルモンの働きをサポート
  • ゴマ・牡蠣・アマランサス:髪の生成に不可欠な亜鉛を多く含む
  • レバー・海藻・ほうれん草:毛根に酸素を運ぶヘモグロビンを作る鉄分を多く含む

最近では、バランスの良い食事をデリバリーしてくれるサービスもあります。

自分で難しいことは、お店のサービスを活用することも検討し、薄毛対策に役立てましょう。

適度なヘアチェンジとヘアケア

・カラーリングやパーマ

頭頂部の薄毛改善のために極力控えるか、施術の間隔を長めにしましょう。

頭皮への刺激が緩和され、地肌のダメージも改善されます。

・洗髪

日常の洗髪は1日1回で十分です。

できれば、寝る前に髪を洗うのがおすすめです。

髪は睡眠中に作られます。

その働きを促進するために、地肌をきれいにして寝ましょう。

シャンプーは、洗浄力が強すぎない地肌に優しいものを選びましょう。

髪を洗うときは、泡やスタイリング剤などを洗い残さず、しっかりすすぎます。

その後、ドライヤーを20㎝ほど地肌から離して、髪の根本をしっかり乾かしましょう。

自然乾燥は、雑菌やカビが繁殖することがあるので、必ずドライヤーで乾かしましょう。

洗髪も毎日丁寧にすることで、脱毛の予防や対策になります。

 

日常でできる薄毛対策と改善法

頭頂部の血行促進マッサージ

頭頂部を両手でおおうように手を置き、ギュッと指の腹に力を入れて指を離します。

これを5回ほど行います。

仕上げに、両手で頭全体をつまむようにつかみ、前後にマッサージします。

やり過ぎは禁物です。

3~5分にとどめましょう。

紫外線から髪を守る

頭頂部は、紫外線に一年中さらされています。

夏は帽子を被ったり、冬も油断せず髪用UVカット製品で、紫外線対策を行いましょう。

育毛剤の活用

頭頂部の環境を整えて薄毛対策、改善のサポートをしてくれます。

おすすめなのが、育毛治療の発想から生まれた、2剤タイプの育毛剤です。

まず、頭皮美容液で頭皮環境を健やかに整えます。

次に、薬用育毛剤で太い髪をぐんぐん育てます。

アルコールフリーなので、白髪染めしている方や、カラーリングしている方でも使えます。

おすすめする育毛剤⇒詳細はこちら

 

もう一歩すすんだ対策・改善法

ヘアクリニック

保険外治療のため高価ですが、毛髪治療が専門のため薄毛の本格的な治療が受けられます。

植毛

人工の髪や自分の髪を移植する方法です。

薄毛は解消されますが、根本的な改善にはならないため薄毛になる可能性は十分にあります。

ウィッグの使用

ウィッグも安価なものから、高価なものまで種類があります。

手っ取り早く頭頂部の髪の毛を増やせますが、これも一時的な対策です。

薄毛改善の間のつなぎ、と思って使用した方が良いでしょう。

 

まとめ

女性にとって、髪の毛の悩みは深刻です。

ですが、原因が分かれば対策は可能です。

自分で対策が困難な場合は、思い切って病院や専門機関に行ってみましょう。

悩みが解消されて、生き生きとした女性の笑顔も素敵なアクセサリーです。

 

まずは自分で対策する⇒ミューノアージュ

関連記事