夕方や夜になると足が象のようにむくむ原因は病気の可能性も!?

朝は人間の足、夜は象の足!?

夕方や夜になると、足がむくむのを感じながら、1日を終える方も多いことでしょう。

毎日のことで、あきらめて、足が象さんになったままにしていませんか?

日中や夜に、ケアや予防をして、ちゃんと人間の足に戻しましょう!

 

⇒象のような足におすすめのサプリ

 

足がむくむ原因とは?!

行きはよいよい、帰りは…

血液は、心臓から押し出され、全身を巡ります。

ですが、足先などから帰るとなると、重力に逆らうため、血行が停滞しやすくなります。

このとき活躍するのが、ふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎの筋肉の伸縮など、足が動くことによって、血液がスムーズに心臓に帰ってこられます。

ですが、ふくらはぎの働きを鈍らせる習慣や行動が、夕方や夜になると足がむくむ原因になります。

 

夕方や夜になると足がむくむ原因

長時間、ほとんど同じ姿勢

ふくらはぎの伸縮によって、血行が促進されます。

姿勢に関係なく、動かないことが、夕方や夜に足がむくむ原因です。

デスクワークや立ち仕事は、ふくらはぎの筋肉が使われず、血行不良になりがちです。

また、座り仕事は、太ももなども圧迫され、さらに血行が悪くなります。

 

運動が足りない

運動する習慣がない方は、ふくらはぎの筋力不足や運動不足が、原因のこともあります。

ふくらはぎを使う動作は、つま先立ちや、背伸び、膝を曲げるといった動作です。

仕事や家事の中でも、ふくらはぎがぎゅっと伸縮する動作をすることは、少ないかもしれません。

そのため、夕方や夜になると、足がむくむのが習慣になっている可能性があります。

 

血行不良

血行不良になる原因も様々ありますが、冷え症の方はふくらはぎの筋肉の衰えが、冷え症を悪化させている場合もあります。

 

食生活

塩分・糖分・アルコール・水分の過剰摂取も、夕方になると足がむくむ原因になります。

塩分や糖分は、水分を取り込む性質があり、過剰摂取は体内の水分バランスが崩れます。

アルコールは、分解に水分が必要です。

また、アルコールの働きでトイレが近くなります。

一時的に体が脱水症状になると、それを解消するために水分が欲しくなります。

結果、水分の摂り過ぎになります。

お菓子や炭水化物、塩分の多い加工品や食事、お酒が多い方は注意です。

健康のために、水分を摂取している方も、摂り過ぎに注意しましょう。

 

自律神経の乱れ

自律神経とは、体の機能を自動的に調整し、健康を保ってくれる神経です。

血流の調整なども、自律神経が関係しています。

ですが、自律神経の働きは、生活のちょっとしたことでも乱れます。

その代表的な原因が、睡眠とストレスです。

睡眠中は、体内で細胞をきれいにしたり、新しくしたりといった働きが活発に行われます。

睡眠不足やストレスは、睡眠中の血行を悪くします。

そのため、むくむ足も、夜の間に解消されにくくなります。

 

月経や妊娠

月経時は、ホルモンが水分を体に蓄えようとするため、体がむくむ傾向にあります。

また、妊娠中は血液中の水分、血液も増加します。

胎児に栄養を届けるための、体の変化ですが、体がむくむ原因になります。

 

ファッション

きつい下着などは、血行不良となり、むくむ原因になります。

かかとの高い靴も、要注意です。

ふくらはぎが、ほとんど伸縮しません。

夕方から夜になると、足がむくむ方は、靴も見直してみましょう。

このように、夕方や夜になると足がむくむ要因は様々でしたが、根本的には血行の悪さが原因となっています。

これらは、生活の改善やケアなどで解消することも可能ですが、むくむ原因には病気が隠れていることがあります。

 

むくむのはもしかしたら病気!?

頻繁にむくむようになると、病気の可能性も出てきます。

 

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

静脈には、血液が逆流しないよう、静脈弁という弁があります。

静脈弁がうまく機能せずに、静脈の血液が溜まると、むくみ、痛み、かゆみ、血管がポコポコと浮いて見えるなどなどの症状が現れます。

 

肝臓の病気(肝硬変、肝臓がんなど)

肝機能に異常があると、足、体がむくむ場合があります。

他に味覚障害、痛みがある場合もあります。

 

腎臓の病気(糖尿病による合併症など)

腎臓の病気になると、足がむくむほか、味覚障害、血尿、尿たんぱくなどの症状が出ます。

腎臓の異常は、あまり自覚症状がないため、異変を感じたらすぐに病院に行ってください。

 

心臓障害(慢性心不全など)

心臓の機能が弱くなると、血行障害などが現れ、手足、顔がむくむ、息切れなどの症状が出ます。

 

深部静脈血栓症(エコノミー症候群)

長時間同じ姿勢だと、血栓(血の固まり)ができることがあり、血栓が血行を悪くし、足がむくむ原因になります。

また、血栓が肺の血管につまり死亡するケースもあります。

 

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

細胞や臓器など、体全体に働きかける「甲状腺ホルモン」が減少し、集中できない、皮膚の潤いがない、足、目の周辺がむくむなどの症状があります。

 

反張膝(はんちょうしつ)

反り膝ともいい、膝がまっすぐか反っている膝の変形です。

骨格異常が進行するようになると、歩行困難になります。

膝に負担のかかる姿勢や歩き方が、原因といわれています。

一時的なむくみは心配ありませんが、体全体や、他の症状も伴うむくみは、病気の疑いもあります。

気になる方は、病院を受診しましょう。

 

日中や夜のケアでむくむ足を解消

むくむ足は、その都度、または夜に解消してしまいましょう。

ケアせずにいると、むくみが通常状態になってしまいます。

ポイントは、同じ姿勢を避けること、血行改善の2つです。

 

仕事中にむくむ足を解消

1時間に1回、立つ

同じ姿勢を極力避けましょう。

1時間に1回立つだけでも違います。

つま先とかかとの上下運動

トイレやデスクの下で、ふくらはぎを刺激して、むくみを解消しましょう!

 

昼用加圧ストッキングの利用

体に合ったサイズを選びましょう。

また、糖尿病など持病がある方は、医師に相談して使用しましょう。

おすすめは、モニターの90%が引締りを実感した、美魔女タレント水谷雅子さんプロデュースの、ガードル付き着圧タイツと腹巻付き着圧リラックスレギンス「あげまじょ」です。

気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください。

⇒公式サイトをチェックする

 

休日や家でできるケア

お風呂上りにマッサージ

アキレス腱から、ひざ裏方向に血液を押し上げるようにマッサージしたり、さすりましょう。継続が大切です。

 

ツボの湧泉(ゆうせん)を押す

足裏の中心より爪先寄りにあります。

親指を重ねてギュッと押します。

足上げ+足首回し

足を5分上げるだけでも効果があります。

むくむ足には、足首も回すと、ふくらはぎの筋肉の刺激になり効果アップです。

 

夜用加圧ストッキングの使用

睡眠時に、むくみ解消ストッキングなどを使用しても良いでしょう。

おすすめは、履いて寝るだけのSulali Slim(スラリスリム)です!

気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください。

⇒公式サイトをチェックする

 

昼用と同じく、持病がある方は、医師に相談して使用しましょう。

 

足のむくみには予防も大切

カリウムを含む食品を摂る

塩分過多の場合は、カリウムを摂取してバランスを摂りましょう。

バナナ、小豆、きゅうり、明日葉などがカリウムを含む食品です。

 

サプリメントでカリウムを摂る

食事から、カリウムを毎日摂るのは難しいです。

摂りたくない塩分や糖分、脂質などを無駄にとってしまいがちす。

サプリメントで、カリウムを効率よく摂りましょう。

カリウムを、効率よく摂ることができるサプリが「きゅきゅっと小町」です!

きゅきゅっと小町について詳しく知りたい方は、公式サイトをチェックしてみてください!

⇒公式サイトで確認する

 

運動

大股で歩く、スクワットなど、全身運動やふくらはぎを刺激する運動が、おすすめです。

家事でも意識的に、つま先立ちをしてみましょう。

 

リラックスする

自律神経のバランスを、保つように心がけましょう。

まずは、出来る範囲で睡眠時間を確保し、ストレスも解消しましょう。

 

まとめ

夕方、夜に足がむくんでくるとツラいものです。

ですが、その日のむくみは、その日に解消しましょう。

ほんの少しの改善が、夕方でも夜でも人間の足でいられる時間を延長してくれます。

象の足にならなために、続けやすい、むくみ解消法を試してみましょう。

 

⇒昼用・夜用を選べる!TV話題の加圧レギンス・タイツ
⇒カリウムを効率よく摂ることができるサプリ「きゅきゅっと小町」

 

関連記事